きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒメコウゾ ~集合果は橙赤色に

4月~5月に北本自然観察公園で初めて「ヒメコウゾ」の花を見ました。丸い雄花序と花火のような雌花序は特徴的でした。花の後は集合果がなるということを知り、気になりましたのでその後も度々眺めていました。〈散歩日:6月1日・15日、7月13日〉

ヒメコウゾ(姫楮)はクワ科コウゾ属で雌雄同株の落葉低木です。
花期の雌花序は直径5ミリ前後の球形で、赤紫色の糸状の花柱を放射状に多数つけてキレイな様子でしたが・・・。

1~3.<6月1日>花柱は枯れ色になり、且つ、くにゃくにゃです
  雌花の役割をしっかり果たしたのでしょう
4.<6月15日>全体的に大きくなり、一つ一つの果実が赤みを帯び始めています
5.<6月15日>上の方に、一足早く熟した果実もありました
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヒメコウゾ ~集合果は橙赤色に」

6.<6月15日>果実が熟す前~熟し中~成熟といった具合に並んでいました
きれぎれの風彩 「ヒメコウゾ」2-6


果実は小核果が球状に集まった集合果で、直径1~1.5センチ程です。
橙赤色の集合果
はキイチゴのようですが、花柱の部分が残り舌触りが悪そうです。

7.<7月13日>熟した集合果がいくつか見えるだけで、ほとんどありませんでした
  久しぶりの訪問は、雨にうたれました
きれぎれの風彩 「ヒメコウゾ」2-7


スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前の記事を捜して、雄花と雌花を復習しました。
あの雌花から、こんな実ができる。妙な感じです。
あの雌花の赤い毛は柱頭で、ひとつひとつに子房が付いているということなんでしょうね。

| ディック | 2014/07/19 20:35 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

この花を初めて見た時には、驚いたものです。
地球外生命体という感じでした。
果実は確かに舌ざわりはあまり良くなかった記憶です。
不味くはなかったと思います。

| 多摩NTの住人 | 2014/07/21 11:39 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

今年撮影しています。久しぶりにです。
こちらで紹介されている。う~ん。
紹介しずらいなぁ(大笑)。

というより、毎日更新していないので
ね。そんなこと言うより、紹介し切れ
ぬものが多々あります。

あっ、と言うことは少しは取材してい
る。気がつくとそうなります。ただ、
今週末もまた休み無しだったのです。


| 地理佐渡.. | 2014/07/21 21:47 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

雄花も雌花も変わっているというか特徴がありました。
おっしゃるように、あの弱そうな赤い毛がしっかり仕事しているわけですね。
花が花なので、果実になってしまうと普通!?

| 山ぼうし | 2014/07/22 23:42 | URL |

多摩さん こんばんは

やはり花のインパクトは強いですよね。
しかも雄雌両方とも!
多摩さんはたいてい食されているのですね~。私も機会があれば・・・?

| 山ぼうし | 2014/07/22 23:42 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

お疲れ様です~。
私も毎日ではないので、旬ではないのは仕方ないにしても、
せめて季節の中に収めたいと思っていますが・・・。
取り上げるまでに時間もかかりますのでなかなか・・・。

| 山ぼうし | 2014/07/22 23:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/549-95853cd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT