きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユウゲショウ ~ピンクの4弁花・脈

上尾市の丸山公園はファミリー向けの公園です。池沿いの幅広い園路を歩いていると傍らにピンクの花が目にとまりました。念のため前後を見るとこの辺りにしかありません。調べたところ「ユウゲショウ」のようです。〈散歩日:8月30日〉

ユウゲショウ(夕化粧)は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草です。アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)とも呼ばれています。
帰化植物で明治時代にアメリカから持ち込まれたものが野生化しています。

1.様々な草の中に混じっていました。ユウゲショウの草丈は20~40センチになり、花期は5月から9月頃までとのこと。最後の花かもしれません
きれぎれの風彩 「ユウゲショウ」1-1


2~4.花色はピンク色、花弁は4枚で紅色の脈が目立ちます。花径は1センチ強。白い葯をつける雄しべが8本、雌しべの先端は4裂します
5~6.茎には短毛がうすくつきます。葉は互生し、被針形で波形の浅い鋸歯があります。果実は先の方が太いこん棒状で高い稜と低い稜が交互に8個あるようです
「2」「3」「4」「5」「6」
「ユウゲショウ ~ピンクの4弁花に脈」


7.少し離れた所にもありました。造成して拡げた園路のせいか草がほとんど生えていない所です。逞しいな~と思いましたが、外来種と知り、なるほど~と
きれぎれの風彩 「ユウゲショウ」1-7


名前は、夕方に開花し艶っぽい花色を持つことが由来のようですが、実際には昼間でも開花した花を見られます。ちなみに、上記の撮影時間は午前11時頃です。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

多分どこかで見ているのでしょうけれど、ユウゲショウと言う名前初めて聞きました。
小さい花もアップで見ると、美しさに驚くことが多いですね。

↓のオカメザサ。
へぇ~。笹じゃないんだ!!
と驚きです。
つい先日、ドラマの中で室内鉢植の観葉植物として、それらしい物が置いてあるのをみて、新鮮な感じがしました。

| らーしょん | 2014/09/07 07:00 | URL |

5月頃、横浜でもコンクリート舗装の道の脇で見られるのはヒルザキツキミソウ。
ユウゲショウを見つけてみたい、と思っていましたが、科も属も同じなんですね。
今年はアカバナを見つけて、これは小さいのでわかりやすいですが、すぐに区別が付けられるようにしたいところ、花の様子はどれもかなり似ていますね。

| ディック | 2014/09/07 21:35 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ユウゲショウは道端でもよく見られますね。
今年は、この果実でずいぶん楽しめました。
雨上がりの直後に見ると、果実の花が見られます。
晴天続きの場合は、閉じた果実に水を掛けると、10分くらいで開きますよ。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/c3/6857e04165b50ac3334112b89972a5c3.jpg

| 多摩NTの住人 | 2014/09/08 08:07 | URL | ≫ EDIT

らーしょんさん こんばんは

化粧の漢字を充てられる花ですから、それなりでしょうかね。
(他に知っているのは「半化粧」。)
そうそう、小さい花はキレイなものが多いです。

オカメさんはすぐに株が増えそうですが、鉢植えだとどうするのでしょうね。

| 山ぼうし | 2014/09/08 23:12 | URL |

ディックさん こんばんは

ヒルザキツキミソウはまだ見たことがありません。
検索してみると、確かに本種よりもかなり大きいですね。
アカバナというのは本種ではなく、別のアカバナですか、
それも見たことが無いです。

| 山ぼうし | 2014/09/08 23:12 | URL |

多摩さん こんばんは

道端でもよく見るのですか?そうか、気がつかなかったです。
リンクを拝見しましたが、果実が開くのですね~。
これは面白いです。機会があれば。

| 山ぼうし | 2014/09/08 23:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/564-aa50fd40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT