きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツリガネニンジン ~釣鐘状の花

他の方のブログで拝見し、ホタルブクロを小さくしたような花姿を見てみたいと思っていました。それが、丸山公園(上尾市)の園路から外れた草地(その先は隣地なので誰も行かないだろうと思われる所)にありました。〈散歩日:8月30日〉

ツリガネニンジン(釣鐘人参)はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草です。
草丈は40~50センチ、時に1メートルになるそうです。名前は花の形が梵鐘(釣鐘)に、根を朝鮮人参に見立てたことによります。

1.見つけた時は「ひょっとして」と思い驚きました。花はイメージしていたサイズよりも少し小さいと思いました。落ち着いて周りをみると、草に踏み跡がありましたので先客がいたようです。人気なのでしょう。
きれぎれの風彩 「ツリガネニンジン」1-1

花色は淡紫色・青紫色の花が基本のようですが、こちらの花は白いタイプでした。

2~4.花期は8月から10月。枝先に円錐花序を多数つけます。花冠は釣鐘形で先が5浅裂し反り返ります。花柱(雌しべ)が花冠から突き出ます
5.釣鐘というよりも小さいので風鈴のようにも見えます。花冠は1.5センチ弱
6.蕾までは上を向き、花になると下向きになるようです。茎には短毛
「2」「3」「4」「5」「6」
「ツリガネニンジン ~釣鐘状の花」


5裂した花先は、薄っすら緑を帯びています。突き出た花柱は3裂します。
蕚は細く糸状で、縁に幾つかの鋸歯があり、上向きに反っています。


7.葉は茎に3~4枚輪生し、稀に互生または対生することもあります。茎につく葉は長楕円形から披針形で、縁に鋸歯があります
きれぎれの風彩 「ツリガネニンジン」1-7


ツリガネニンジンは変異が多いとの記載もありました。前述した葉は互生~6輪生まであり、形も様々なようです。花冠の形もかなり細いものから太いものまで、花柱の長さも様々あるそうです。


調べてみると、ツリガネニンジンは山菜としても有名(地域による?)のようです。“山でうまいのはオケラにトトキ・・・”と信州の方(?)では謡われているとか。オケラはキク科の多年草、「トトキ」はツリガネニンジンのことです。

また、新潟の方では「ノノバ」と呼んでいることが分かりました。私も新潟県人なのですがノノバは・・・聞いた事があります。帰省した際に山菜として頂いたような・・・、ということは・・・ツリガネニンジン(花)の認識はありませんが(忘れているのかもしれません)、若い芽は知っていたようです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ツリガネニンジンは可愛い花ですね。
これを山野で見つけると楽しくなります。
花弁の先端のカールも良いですね。

| 多摩NTの住人 | 2014/09/08 08:04 | URL | ≫ EDIT

ツリガネニンジン

ツリガネニンジンは茎に幾つもの花をつけます。
このように1個だけつけるのは珍しいです。
花弁から花柱が突き出ていなければソバナと
間違えそうです。

| 山小屋 | 2014/09/08 09:57 | URL | ≫ EDIT

根岸森林公園など、過去に近隣で見つけたツリガネニンジンはせいぜい30cm くらい。8月に仙石原の湿性花園で見たツリガネニンジンはどれも1m くらいあるので、こんなに大きくなるのかとびっくりしました。
輪生の葉から茎が立ち上がっている姿が、大きいと見映えがしました。
湿性花園のツリガネニンジンは薄い青紫色ばかりでした。

| ディック | 2014/09/08 21:34 | URL | ≫ EDIT

ソバナもありますので

おはようございます。

山小屋さんも書かれていますが、
ツリガネニンジンでよいようですが、
ソバナもありまして面倒ですよね。
一応の特徴も抑えつつも、最後は
花もよ~く見ないとならないですね。

秋にいたりましてしばらくこの花は
目を楽しませいくれます。
特に佐渡ではたくさん見ました。
行きたいなぁ。



| 地理佐渡... | 2014/09/09 06:34 | URL | ≫ EDIT

この花はフィールドで教えてもらった事がありました。
おぼろげながら名前と姿が記憶の隅に。
この手の下向きの花は何となく清楚な感じで好ましいですね。

えっ!!オケラ喰うの???
と驚きましたが、納得しました。(笑)

| らーしょん | 2014/09/09 10:26 | URL |

多摩さん こんばんは

花は初めて見ましたが、
園芸用に改良したわけでもないのにカワイイですね。
花冠の先のカールや花柱の裂けたカールもポイントになっていると思います。

| 山ぼうし | 2014/09/09 22:30 | URL |

山小屋さん こんばんは

調べている時に「ソバナ」の名前を出てきましたが、
まだ見ぬ花です。
機会があれば見てみたいと思います

| 山ぼうし | 2014/09/09 22:31 | URL |

ディックさん こんばんは

草丈1メートルにもなると、花数も多くなるのでしょうね。
茎もけっこう“丈夫さ”が目立つのでしょうか。
白い花以外のも見てみたいですね。

| 山ぼうし | 2014/09/09 22:31 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

佐渡ではたくさん見られたのですね~。
こちらでも、この後どこかで見られるのかな。
解りにくい種のようですが、その辺も合わせて見たいと思います。

| 山ぼうし | 2014/09/09 22:32 | URL |

らーしょんさん こんばんは

流石!鳥見屋さんは植物も見ていますね~。
うつむく姿は、日本人的に好みなのだと思います。
奥さんの実家の方では謡わないのですかね~。

| 山ぼうし | 2014/09/09 22:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/565-e7d0cfee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT