FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオブタクサ ~高さ3m超の大きな草本

丸山公園(上尾市)の川の外側を歩いていると中木?と見まがうほどの大きな草本がありました。さらに翌週、三貫清水緑地(さいたま市)でも見かけました。調べたところ、これが「オオブタクサ」でした。〈散歩日:8月30日、9月6日〉

オオブタクサ(大豚草)はキク科ブタクサ属の一年草で、北アメリカ原産の帰化植物です。葉が桑に似ていることからクワモドキとも呼ばれます。大きさは1~4メートルにもなります。雌雄花期は8~10月。肥沃で湿った所を好みます。

〔丸山公園隣地:8月30日〕
1~3.草地(湿地)の中にひと際大きい(3メートル超の)植物があり、木本?草本?何?と思いました。周囲の植物も1メートルくらいあり近づけません
4~5.道の脇にも似たような植物がありましたが、大きさが全く違いますし、花穂の感じも少し違うように思っていました(この時は)
「1」「2」「3」「4」「5」
「オオブタクサ ~高さ3m超の大きな草本(1)」

〔三貫清水緑地:9月6日〕
6.斜面林の下の縁で、草丈1.5~2メートル程が群生していました
7~8.間近で花穂の様子を見ることができました。小さな笠状の中に丸いのが多数、(この時は)これが花なのか蕾なのかも?時々黄色い粉が飛んでいました
9.近くには3メートル級も数本ありました
10.茎は竹のようです。径は4センチほどありそうでした
「6」「7」「8」「9」「10」
「オオブタクサ ~高さ3m超の大きな草本(2)」


茎・枝の先に雄花の細長い穂がつきます。(その基部に雌花をつけるそうです)
一つの雄頭花には十数個の黄色の筒状花があり、雄頭花の総苞片は合着して笠形になります。花穂にはこの笠形が多数ついています。
キク科の花には、タンポポのように舌状花(ぜつじょうか)だけのタイプもありますが、オオブタクサ・ブタクサの花は筒状花(とうじょうか)のみタイプです。

葉は対生し、形は掌状に3~5裂します。葉の長さは20~30センチになります。稀に狭長楕円形の葉も見られます。(ブタクサの葉はヨモギのような羽状深裂)

オオブタクサは風媒花で仲間のブタクサと共に花粉が風に運ばれ、花粉症の原因となっています。花粉症の原因の1番がスギ、2番がイネ科のカモガヤ、3番目がブタクサのようです。
花粉症とブタクサの話は何年も前から聞いていましたが、花粉症の自覚は無く、ブタクサのことを知らないので気にしていませんでした。


有名(?)なブタクサのことを何故知らないのか考えてみると、新潟の実家にいる頃はブタクサの類は無かったのではないかと思います。
「豚の草」ですから子供だったら面白いと思う名前ですが、大人からも言葉として聞いた覚えがありません。またオオブタクサのように大きいと目立つこともあったと思うのです。ただ、汽車も通らない中山間地域で何もない片田舎ですから、外来種もなかなか侵略する機会が無かったのでしょう。(現在は、たぶん侵略され中。)

ここ数年は樹見散歩をしていますので、どこかで目にしてはいるのでしょうが、花は目立ちませんしスルーしていたと思われます。今回目に留まったのも大きさでした。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 21:18 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

オオブタクサ

ブタクサの大型版ですね。
花粉症の人はブタクサを見るだけで鼻がムズムズする
そうです。
外来種は繁殖力が強いです。
どんどん日本の地を浸食していくようです。

| 山小屋 | 2014/09/14 06:37 | URL | ≫ EDIT

オオブタクサ・花粉症原因でしたか・・それにしても大型ですね、
外来種は敬遠したいものですね。

| ころん | 2014/09/14 21:05 | URL |

こんにちは

当方でもオオブタクサがあちこちで見られます。
ちょっと触ると花粉が大量に舞いますね。
同じ外来種でもブタクサのほうは当方では稀にしか見られません。

| 多摩NTの住人 | 2014/09/14 21:06 | URL | ≫ EDIT

まだ子供たちが小さかった頃、近所にブタクサアレルギーのお母さんがいましたね。
憶えてますか?

やはり故郷はまだこの種に侵されていなかったんですね。
さすが、自然の宝庫!

| らーしょん | 2014/09/14 21:21 | URL |

お早うございます。

ご無沙汰しております。
秋の花がだいぶ目立つようになりました。
草むらの中からは、秋の虫の合唱が多くなりましたね。

ブタクサ、オオブタクサ、何となく嫌われそうな名前を付けられたものですね。
本物の豚さんには、申し訳ない!
大きさにも問題がありますね。
小さい花は、可愛い~と言われますが、大きいと可愛い~とは言われませんものね。
大きくて綺麗と言われる「向日葵」がありましたね。

| 風子 | 2014/09/15 06:48 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

あの黄色いのが花粉だったんですよね。
花粉症のヒドイ症状の方は見ているだけで大変そうです。
外来種、伐ってイイとなれば、散歩する方はカマを用意して・・・。

| 山ぼうし | 2014/09/15 23:36 | URL |

ころんさん こんばんは

オオブタクサの大きさには驚きます。
同じ大きさならヒマワリの方がいいですね。

| 山ぼうし | 2014/09/15 23:36 | URL |

多摩さん こんばんは

これだけデカイのが群生していたら、他の植物は育ちようがないですね。
ブタクサはまだ見ていないのですが、こちらではどうなのかな?

| 山ぼうし | 2014/09/15 23:37 | URL |

らーしょんさん こんばんは

ん~どなたでしょう?ん~思い出せないっす。

川沿いの上流地域と違って、実家の辺りは自然の宝庫といえるかな~。
でも、何も無いのは間違いないです。

| 山ぼうし | 2014/09/15 23:38 | URL |

風子さん こんばんは

どうも~です。涼しくなりました。秋の虫も周囲から聞こえます。

調べてみると、英名の俗名である「ホッグウィード(豚の草)」の直訳からきているようです。日本で言う「イヌ・・・」と同じような扱いかもしれません。
花には花弁があったほうがイイですね。

| 山ぼうし | 2014/09/15 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/567-a65da87a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT