きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クヌギ ~どんぐり(堅果)

北本自然観察公園で、初夏の頃からクヌギのどんぐりの生長を追ってみました。
〈散歩日:6月1日~9月13日〉

どんぐり」はブナ科の果実(堅果)の総称で、先端はとがり、表面の皮は硬く、上部はツヤのある茶色、下部は薄めの褐色が多いです。

果実の下部または全部を覆うおわん状・まり状のものは殻斗(かくと:総苞が変形したもの)で、帽子とか袴とも呼ばれています。
ブナ科の堅果は、他の堅果と区別して殻斗果またはどんぐり状果と呼ばれます。

どんぐりには、花が咲いてその年にどんぐりがなる「1年成」と、花が咲いてその翌年にどんぐりがなる「2年成」があります。
コナラやシラカシ、クリなどは1年成で、クヌギやマテバシイなどは2年成です。


クヌギ(櫟、椚)は、ブナ科コナラ属の落葉高木です。
1.6月1日、冬を越したまだ小さなどんぐりで、殻斗に覆われ丸まっています
2.6月15日には殻斗のイガが広がり始めました
3.7月7日、葉が色が濃くなり棘状の鋸歯もしっかりしています
4~5.7月7日ではイガが太くなり、どんぐりも大きくなってきました
  (どんぐりの向きは上向きとか下向きと定まっておらず、バラバラです)
「1」「2」「3」「4」「5」
「6」「7」「8」「9」「10」
「クヌギ ~クヌギのどんぐり(堅果)」

6.7月21日、イガがより反ってきました
7.8月10日、厚みが増してきました
8.8月24日、イガが大きくなり、緑色の若い堅果の上部が見えてきました
9.9月13日、堅果が大きくなりました。径2センチほどです
10.9月13日、既に熟した果実が落ちています。堅果は球状です

クヌギは高木ですので、手が届くような所にどんぐりがある樹は限られ、しかも殻斗が虫のせい?でボロボロになっている樹もあり、結局どんぐり観察は考えていたよりも上手くいかないものでした。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

人形町の人形市で、樹の枝や堅果を使った人形を見たことがあります。髪の部分はクヌギ(もしくはアベマキ)のイガを利用していました。娘や息子が幼かったら挑戦していたと思います(たぶん)。

子供等にも身近な「どんぐり」ですが、私が実家にいるころクヌギのどんぐりを見た覚えがありません。周辺には無かったと思います(たぶん)。
初めて見たのは大人になってからで、当初はイガイガのついたブサイクなどんぐりだと思った事を想い出しました。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 22:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クヌギの実

クヌギの実は山歩きでもよく登山道に
落ちています。
こんなに時間をかけて観察したことはありませんが、
見ればすぐにわかるドングリです。

| 山小屋 | 2014/09/25 18:06 | URL | ≫ EDIT

21日に本牧山頂公園で拾ってきました。
大きいですね。
たしかに高い木が多く、見上げて探してもどこに実があるのか、わからないこともあります。
根岸森林公園にもあるとよいのですが、コナラとマテバシイばかり。
わずかにシラカシとミズナラのドングリが見られます。

| ディック | 2014/09/25 20:52 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

クヌギとアベマキのドングリは似ているようですね。
(といってもアベマキはまだ見たことが無いです)
球形で半イガは特徴がありますね。

| 山ぼうし | 2014/09/25 23:16 | URL |

ディックさん こんばんは

そうなんですよね。遠路を歩いていると、クヌギのドングリがたくさん落ちているところもありますが、見上げても見えません。高いです。
ミズナラというのがまだ分からないです。まだまだです。

| 山ぼうし | 2014/09/25 23:19 | URL |

長い期間継続して観察するなんて、すごいですね~。
自然人の鑑です。

今期は山のどんぐりは非常に不作の様で、カケスやヤマガラ等、すでにかなり平地に降りてきているようです。

| らーしょん | 2014/09/26 01:17 | URL |

らーしょんさん こんばんは

いえいえ長い期間といっても、行けばすぐ済みます。
鳥見屋さんのようにじ~っと待つことのほうがスゴイです。

どんぐりが不作だとすると何故でしょうね。
大きくは異常気象でしょうか。

| 山ぼうし | 2014/09/28 22:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/572-2ea8545e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT