きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月の黄色い花と紅い花

先月に北本自然観察公園で見た植物の中で、黄色の花と紅い花をつけた植物(フジカンゾウ、オオケタデの他)を取り上げます。〈散歩日:9月13日、9月23日〉

1.キンミズヒキ(バラ科キンミズヒキ属)※参照 黄色の花が茎の周りで平開することでスッキリとした総状花序になります。先の方から徐々にひっつき虫化中
2.ヤブツルアズキ(マメ科ササゲ属)だと思います。初めて見る変わった形の花でした。足元が悪く腕を伸ばしてこの画のみ。次に行った時には見あたらず・・・
3~5.キツリフネ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)※参照 黄色のツリフネソウで、袋状にすぼむ蕚片の先の距は垂れ、花は葉の下で展開します。日陰に自生しており画が暗いのが残念です(蚊が多いのも残念です)
「1」「2」「3」「4」「5」
「9月の黄色い花」


6~8.ワタラセツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)※参照 一般的なツリフネソウと同様、距は渦巻状になり、花は葉の上で展開します。本種は小花弁があまり伸びず先端が萎縮していることが多いそうです。群生も見応えがあります
9.ミズヒキ(タデ科ミズヒキ属)※参照 夏から秋にかけて長い期間咲いていますが、日陰の極小の花はいつもボケます。この角度ならどこかに合うかなと・・・
10.ミゾソバ(タデ科イヌタデ属)※参照 ホッとするような花です
「6」「7」「8」「9」「10」
「9月の紅い花」

スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 14:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

黄色い花と紅い花が揃いましたね。ヤブツルアズキはどうもひねくれ小僧の顔に見えます。キツリフネの果実は面白いですよ。熟したものはちょっと触るだけで弾けます。確か属名や種名の意味は「気短か」や「私に触らないで」といった意味でした。弾ける前と後は、以下の姿です。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/7d/c93c0d493944cf48da0c36cee237d9c3.jpg

| 多摩NTの住人 | 2014/10/05 16:30 | URL | ≫ EDIT

ミズヒキとミゾソバ以外は名前を知らない花ばかりです。
あ!キンミズヒキもなんとか・・・・
ワタラセツリフネソウですか~。渡良瀬は私の一番多く訪れるフィールドなので、これは見ておきたいですね。
まだ咲いているのですか??

| らーしょん | 2014/10/05 21:20 | URL |

ツリフネソウ

ツリフネソウの仲間としてはハガクレツリフネソウ
というのを四国の剣山の麓でみたことがあります。
その名の通り、葉っぱの下に隠れるように花が咲いて
いました。

ワタラセツリフネソウとツリフネソウは両方比べてみない
と区別できないようです。

台風が近づいています。
今は雨だけですが、これから荒れるのでしょうか?

| 山小屋 | 2014/10/06 06:40 | URL | ≫ EDIT

多摩さん こんばんは

多摩さんのブログにコメントした時に「変な形の黄色い花」という情報だけで、ヤブツルの名前が出てきた時には驚きました。流石ですね~。
キツリフネは昨年果実の状態までは見たのですが、弾けるまでは見ていないのです。これは面白そうですね。今年こそ・・・。

| 山ぼうし | 2014/10/06 21:25 | URL |

らーしょんさん こんばんは

そうそう、何と言っても自生地の渡良瀬遊水地が冠ですからね。まだ咲いていると思いますよ。群落がたくさんあるようです。
キンミズヒキも、細長く整った花序を見ると嬉しいです(短いのは嬉しくない)。

| 山ぼうし | 2014/10/06 21:25 | URL |

山小屋さん こんばんは

ハガクレですか~西の方でしか見られないようですね~。
しかも山中であれば機会はなかなか訪れそうにないです~。

当地ではそれほど台風の影響はなかったようです。

| 山ぼうし | 2014/10/06 21:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/575-12614a40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT