きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハマスゲ ~小穂から柱頭くるりん

城山公園(桶川市)の一角に、少し高台になっている所があります。狭そうですし何も見るモノが無いと思われ、これまでは一度も上った事がありませんでしたが、先月初めて立ち入りました。そこには植えてから数年ほどの様々な品種のサクラと、草地になっている所にはハマスゲの群生がありました。〈散歩日:9月27日〉

ハマスゲ(浜菅)はカヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草です。(スゲと名が付いていますがスゲ属ではありません。)関東以西に分布し、名前とおり海岸の砂浜や日当たりのよい道端、運動場、芝地、農地等に生えます。草丈は15~40センチ。

初夏から秋にかけて花茎をまっすぐに立上げ、茎の先に長い苞と花序をつけます。花序は数本の枝先に長さ2~3センチほどの扁平な小穂をまばらにつけます。

1.小穂は軸に対して斜めに開き、20~30個の小花(しょうか)が2列に並んでついているようです。鱗片は赤褐色
きれぎれの風彩 「ハマスゲ」1-1


2.小穂から白い糸状のモノが出て巻いていますが、これは雌しべの柱頭
3.葉は根元に数枚つきます。細長い線形で先は次第に尖り、ゆるやかに垂れます
4~5.群生の様子です(曇天のため分かりにくい画に・・・)
「2」「3」「4」「5」
「ハマスゲ ~小穂から柱頭くるりん」


昨日、天気も良いのでその後のハマスゲの様子を見に行きましたが、きれいに刈られていました。種子ができる前に、ということかもしれません。でも・・・

ハマスゲは地下に塊状の茎(塊茎:かいけい)を持ち、細い匍匐茎を伸ばして広がります。刈られて根を切っても塊茎から新たな根が出ますし、塊茎があるため水分の少ない砂地でも繁殖できます。
また、生育力も強く時にはアスファルトを押し上げるそうです。したがって、農地やゴルフ場、庭ではかなりの厄介者です。世界の強害雑草のトップレベルとも。

ただ、薬用としては重要な植物の一つでもあるそうです。上手くバランスがとれないものでしょうか。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これまた面白い草ですね。
それにしてもアスファルトなにするものぞ!
というのは物凄いですね。

最近、草花をみると写真を撮ったりしています。
しかし、どう撮ればよいのか分らず、いつもダサダサなゴミ箱行きを大量作製してしまいます。
そろそろブログにも出していきますが、同定できていないのがほとんどです。
宜しくお願い致します。????(笑)

| らーしょん | 2014/10/13 22:23 | URL |

らーしょんさん こんばんは

強~い草本です。でも、そういう草本を人様は嫌いますね。

ほ~草花も撮られているのですね~。
私は観察日記なので特徴がわかればヨシです。
生き物は皆生態が解ると見方が変わるでしょうね~。
あっまだまだ初心者なので、宜しくお願いはされませんよ(笑)

| 山ぼうし | 2014/10/13 23:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/580-1bbceee0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT