きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アキノウナギツカミ ~葉が茎を抱く

北本自然観察公園の湿地に挟まれた園路、ミゾソバやイヌタデなどの花を眺めながら歩いていると、「花がそっくり三姉妹」の説明板がありました。ここには花が似ているミゾソバ、ママコノシリヌグイ、アキノウナギツカミがあるとのこと。
・・・アキノウナギツカミ?まだ見ていない種です。〈散歩日:10月11日、10月19日〉

アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)は、タデ科イヌタデ属の一年草です。北海道~九州の水辺や湿地に生育し、草丈は1メートルほどになります。茎の先や葉腋から枝をだし多数の花がまとまってつきます。

1.「三姉妹」の説明板の奥の方に花がありました。これは?
きれぎれの風彩 「アキノウナギツカミ」1-01

ミゾソバママコノシリヌグイは既に取り上げたことがありますが、それぞれ葉に違いがあります。ミゾソバ:主に鉾形、ママコ:三角形、本種は披針形で・・・

2.まだ開花していない蕾(?)の状態です。3種とも似ています
3~5.本種の葉は長さが5~10センチで互生し、縁はギザギザのない全縁です。先は尖り基部は二つに分かれ茎を抱くような形になります6.ミゾソバ、ママコノシリヌグイに比べるとスッキリした姿です
「2」「3」「4」「5」「6」
「アキノウナギツカミ ~葉が茎を抱く(1)」

4や5で解るように茎には4つの稜があり、そこに下向きの棘があります
名前は、この棘を使えばヌルヌルした鰻でも掴めるだろうというということが由来になっています。通説のようです。


今日(10月19日)は、木道を歩いていて見つけました。調べた後でしたのですぐに判りました(ミゾソバの花が少なくなってきたこともありますが・・・)。花がミゾソバよりも粒が小さい(短い?)ように感じました。
「7」「8」「9」「10」
「アキノウナギツカミ ~葉が茎を抱く(2)」


当所での生育数の多さでは、ミゾソバ>ママコノシリヌグイ>アキノウナギツカミで、ミゾソバが圧倒的に多くママコとアキノはわずかです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほんとうだ

こんばんは。

花の雰囲気はちかいなぁ。
ですが、葉の紹介を受けまして
違うことがわかりました。
こうした種もあるんだなぁ。
また、一つ勉強しました。
身近なとこにある植物にも気を
配るべきですねぇ。


| 地理佐渡... | 2014/10/20 21:59 | URL | ≫ EDIT

アキノウナギツカミ

この3種類の中で一番わかりやすいのは、ミゾソバです。
葉っぱに斑があるので、区別しやすいです。
アキノウナギツカミは確かにすっきりとした葉っぱを
しています。
これらの特徴を覚えていれば間違えることはないと思います。
なお、中国の奥地でミゾソバの原種らしき花を見てきました。
あのあたりが原産地のようでした。

| 山小屋 | 2014/10/21 06:56 | URL | ≫ EDIT

ほほ~と感心する事しきりです。
茎をくるりと取り巻く葉の後縁と、そこから花がにょきっと生えている様は可愛らしいですね。

継子の尻拭ったり、鰻掴んだり、命名凄すぎっす。

| らーしょん | 2014/10/21 16:17 | URL |

横浜の住宅地では、荒れた空き地などにママコノシリヌグイばかりがよく見つかります。アキノウナギツカミはまだ見たことがありません。
このアキノウナギツカミも、時期を選ぶとひとつふたつ花が開いているところを見られるのでしょうか。
15日〜19日、大和郡山、吉野、初瀬、明日香村付近などを思い切り歩いて過ごしました。
そのあいだにチヂミザサの記事など順調に更新されているようですね。
またゆっくりと寄らせていただきます。
なお、言葉では難しいですが、「アプリコット色」というのがまん中にあるとすると、バタースコッチは茶色・黄色寄り、パット・オースチンはオレンジ色寄り、でしょうか。バラは咲き始めと咲き終わり、陽に当たっているかいないかでも色が変わり、そういう変化が楽しめる花でもあります。

| ディック | 2014/10/21 18:22 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

三姉妹、花の雰囲気は似ていますよね~。
身近なところ・・・そうなんですよね~、
名前は知っていても・・・というのはまだ多いです。

| 山ぼうし | 2014/10/21 22:10 | URL |

山小屋さん こんばんは

こちらではミゾソバの斑が出ないタイプも多いです。
何が違うのでしょうかね。でも鉾形なので判ります。
アキノは葉だけを見ていたら仲間とは思えないですね。
原種を!ご紹介待っています~。

| 山ぼうし | 2014/10/21 22:11 | URL |

らーしょんさん こんばんは

茎の枝先ではなく、葉腋から花が出ているのは
確かに特徴的で微笑ましい感じがします。
>継子の尻拭ったり、鰻掴んだり・・・(笑) あり得ない~。

| 山ぼうし | 2014/10/21 22:13 | URL |

ディックさん こんばんは

こちらではママコは少ないです。アキノは「秋の」のとおり、一番遅いと思いますがどうでしょう、見られるのかどうか。
お~奈良の旅路でしたか、「思い切り歩いて」?体調は大丈夫ですか。
バラの色というのは繊細なのですね~。色の表現も難しいです。

| 山ぼうし | 2014/10/21 22:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/584-12634f36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT