きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イシミカワ ~多彩な色合いの蕚

どうなるのだろう?何時が撮り頃なのだろう?・・・北本自然観察公園の湿地に挟まれた園路脇で伸びている植物は、数週間に渡って見てはいましたが果実の色がいっこうに落ち着かないのです。同定するのにも時間がかかりました。〈散歩日:10月19日〉

イシミカワ(石見川・石実皮・石膠)は、タデ科イヌタデ属のつる性の一年草で、日当たりがよくやや湿り気のある土地に生えます。日本各地、東アジア(Webによっては世界全域とも)に分布します。名前の由来ははっきりしないそうです。

果実が様々な色をしている・・・と思ったのが間違いでした。いろいろと検索しても合致しないのです。色が変色しているのは蕚でした

1~2.イシミカワという植物を知らなければ、これを見たら果実だと思います(よね?)。熟したら何色になるのだろうと思っていました
きれぎれの風彩 「イシミカワ」1-1

きれぎれの風彩 「イシミカワ」1-2


イシミカワは果実の時期になると、果実を包む萼が淡緑~赤紫~青紫・コバルトブルーと多彩な色合いになります。(中にある果実(痩果)は光沢のある黒のようです)
枝先に円形の苞葉(?)をつけ、その上に花序(~果実)をつけます。

3~4.葉は互生し葉柄は長く、葉の形は三角形です。葉柄の基部は円形の大きな托葉が茎を囲み、イシミカワの特徴となっています
きれぎれの風彩 「イシミカワ」1-3

きれぎれの風彩 「イシミカワ」1-4


今回の画では分かりにくいのですが、葉柄と花柄にはしっかりした棘が下向きにつきます。これが他の草木にからみつきながら伸びます。

つる性の茎は私の身長を優に超えていますので2メートル以上ありました。さらに、7メートル以上にもなるとの記載もあります。そのような生育旺盛な様子から英名ではMile-a-minute weed=1分で1マイル草、と呼ぶそうです。

(当所のイシミカワにはさまざまな植物が重なりあい、見た目分かりにくくなっていました。そのせいで画が少ないです。)
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 04:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

イシミカワの果実の色が綺麗ですね。
これは私が植物観察を始めた頃に道端で見つけて感激したものでした。最近は当地で見つからなくなり残念に思っているところです。初めて見た時は、ブドウの実のように完全に包まれていると思ったのですが、果皮ではなく萼片なので、つぶさずに開いて中に黒い種子があるのがわかりました。

| 多摩NTの住人 | 2014/10/29 08:06 | URL | ≫ EDIT

タデの一種?

 こんにちは。ちょっとご無沙汰してしまいました。
この綺麗な実のようなのは、萼なんですね。
いつも勉強になります。
それにしても色とりどりで綺麗ですね。

| 西恋おじん | 2014/10/29 09:44 | URL | ≫ EDIT

イシミカワ

鋭いトゲで自分自身を絡ませてどんどん天に向かって
伸びて行きます。
空き地などにびっしりと生えていて、処分するのに
困る植物です。

| 山小屋 | 2014/10/30 07:10 | URL | ≫ EDIT

は~。実ではないんですか~。
ノブドウの実ってこんな風な色合いで、しかも多色なので似ているな~と思ったのですが。

つる性の植物は他の木を絞殺しそうでなんとなしに恐ろしいです。

| らーしょん | 2014/10/30 15:51 | URL |

多摩さん こんばんは

これは驚きましたね~。蕚が果実を包むなんて、こういうのは初めてです。
そちらでは減っているのですか?といっても、こちらでも他に見ないです。
覆われているのに中の種子に濃い色(黒)があるのも不思議です。

| 山ぼうし | 2014/11/01 00:12 | URL |

西恋さん こんばんは

そーですね~ご無沙汰です~。お元気でなによりです。
蕚の色がいろいろ変化するのは驚きますよね。
種子に過保護なのかな~。

| 山ぼうし | 2014/11/01 00:14 | URL |

山小屋さん こんばんは

やはり長く伸びる種なのですね。
そちらでは空き地でよく見られるのですか?
他所にもいかなくては!と思いつつなかなか時間がとれません。

| 山ぼうし | 2014/11/01 00:15 | URL |

らーしょんさん こんばんは

そうそう、フジはすごいですよね、重さだけでも相当だと思います。
ただ、キヅタとかは樹冠まで広がらないので、支える木にはそれほどダメージを与えないようですよ。

| 山ぼうし | 2014/11/01 00:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/589-e905b754

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT