FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コウヤマキ(常緑)~世界三大庭園樹

コウヤマキ(高野槙・高野槇。別名ホンマキ)は、マツ目コウヤマキ科(1属1種)で日本固有種の常緑針葉高木です。和名は、和歌山県の高野山に多くみられることに由来します。

マキという種があることを知らなかった時は、葉の見た目から「ちょっと変わった松」と思っていました。でも、かつてはスギ科に含められていたとのこと。難しいですね。

庭木・庭園に植栽され、樹高は5~25メートル(大きくなると40メートルにおよぶものもあるそうです)。
写真(3月14日に撮影)のコウヤマキは、径で25センチほど。
きれぎれの風採 「コウヤマキ」1-1

樹皮は、杉に似ています。色は少し濃いと思います。
きれぎれの風採 「コウヤマキ」1-2

葉は棒状(針葉)で長さは10~15センチはありました。枝の先から放射状に伸びています。
きれぎれの風採 「コウヤマキ」1-3

枝の伸び方がおもしろいです。(葉の中心から、さらに枝が伸び…。)
きれぎれの風採 「コウヤマキ」1-4

コウヤマキは円錐形の整った樹形になります。(↓上手く全体が撮れませんでした。)
きれぎれの風採 「コウヤマキ」1-5

若木でも、老木になっても樹形は整うことから、「ヒマラヤスギ」「南洋スギ(アロウカリア)」と共に世界三大庭園樹に数えられるそうです。

材質は樹脂が多いため水湿に耐え、不朽性に優っていることから、桶類、浴槽、杭などに使用されます。古くは、船材、橋桁にも使用されました。

日本特産のコウヤマキ、エライものです。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト



| 針葉樹 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/59-439caeb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT