きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャノキ ~蕾と花と果実

これが茶摘みをする茶畑と同じ茶の樹!?と初めて認識したのが2012年1月。あの時と同じ北本自然観察公園で蕾~花~果実まで見られました。〈散歩日:10月26日〉

チャノキ(茶の木)は、ツバキ科ツバキ属の常緑低木です。栽培では1メートル以下に刈り込まれますが、野生状態では数メートルに。当所での花期は10月~11月だと思います。仲間のツバキやサザンカに比べて花は早い時期に終わります。

当所では北側園路脇にけっこう生えています。特に丘側斜面の途中にあるチャノキは、葉に隠れるように咲く花や目立たない果実も目線の上下辺りになり見やすいです。ただ、日当たりは木漏れ日しだいです。

1.花弁は白くて円く丸みがあります。花柄は短く、通常下側を向いて咲きます
きれぎれの風彩 「チャノキ」3-1


2.径2~3センチほどの花の中央に柱頭が3裂した雌しべが1個あり、周りにたくさんの雄しべがあります(雄しべはツバキのような筒状にはなりません)
3.蕾は白玉のようです
4.高い位置(斜面の上)にも花があり、種子が落ちた跡も見られました
5~6.花後は一年かけて果実が実り、種子の数だけ膨らんだ形から熟して裂けます
「2」「3」「4」「5」「6」
「チャノキ ~蕾と花と果実」


7.葉は長楕円形で先が尖り、光沢のある濃緑色で、表面は葉脈がくぼみ葉脈と葉脈の間の面が盛り上がるようになります。縁には細かい鋸歯があります
きれぎれの風彩 「チャノキ」3-7


ところで、チャノキからは作り方を変えることで「緑茶」「ウーロン茶」「紅茶」などのお茶ができます。人の探究心(?)はすごいです。さらに日本では茶道もできました。仲間のツバキやサザンカと違って庭等には用いられませんが、チャノキはえらいものです。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 21:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

茶の花

茶の花はこれから楽しめます。
茶畑が雪が積もったように真っ白になります。

| 山小屋 | 2014/11/11 07:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

私もこの花を初めて見た時、お茶とは繋がらなかったです。
この果実の形が、地図の茶畑マークの「∴」だと知って納得しました。

| 多摩NTの住人 | 2014/11/11 08:16 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

茶畑は1~2度しか見たことが無いのです。
まして、この時期は未見。
「雪が積もったように」そんなに!すごいですね。

| 山ぼうし | 2014/11/11 23:15 | URL |

多摩NTさん こんばんは

私も調べたときに、地図記号のことを知りなるほど~
と思いました。そういえば、桑畑の記号は?
茶畑も桑畑も果樹園も身近になかったので、
記号を知った時は「あっそう」という感じでした。

| 山ぼうし | 2014/11/11 23:22 | URL |

昔から茶の木は身近にありましたが、カメラでの撮影を意識するようになると、案外と撮りにくい花という感じがします。陽当たりよく元気な木は花数がおおいので手当たり次第ですが、ちょっと日陰だったりひょろっと伸びた木だったりすると、撮ろうとしてもだらしなく広がっていたり、花弁が痛んでいたり。
当方の身の回りにはいま、あまりよい木がありません。
5、6の実がよく撮れていて、魅力的です。

| ディック | 2014/11/12 20:28 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

やはり日当たりはそれなりに必要なのですね。
日陰だとよく写らないので詳しく分からない時もあります。
当初は日陰の方が多くて・・・果実に陽がさしていて良かったです。

| 山ぼうし | 2014/11/13 23:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/595-f67dd51c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT