きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤマノイモ ~果実と円い翼のある種

北本自然観察公園の園路を歩いていると、先般(11月2日に)ヤマノイモのムカゴを見たところで、果実がついていました。(先般は見逃した?)〈散歩日:11月22日〉

ヤマノイモ(山の芋)はヤマノイモ科ヤマノイモ属のツル性多年草で雌雄異株です。

先般、ヤマノイモの夏の花序と秋の黄葉を取り上げました。その際に、ヤマノイモは本体の大きな根(イモ)と周囲にこぼれるムカゴ(珠芽)、そして風により遠くへ散布される種の3つの方法で繁殖することを記しましたが、今回は、その果実・種子を確認できました。

1~2.果実は※蒴果(さくか)で下向きにつき、3枚の円盤を組み合わせたような形状です(面白いです)。この果実は裂け始めていました
3.さらに裂け進んでいる果実がありました
「1」「2」「3」
「ヤマノイモ ~果実と円い翼のある種」

※蒴果;複数の子房が発達した果実が熟した後、種を覆う果皮が乾燥して基部から先に向かって裂けて種が飛び散ります。

失礼して、この果実を柄からとり、指に柄を挟んで果実を開いてみました
4.果実には3室があり、それぞれに2個の種子が入っています
  種子は径3~4ミリほどで、その周囲に径10~13ミリの翼があります

きれぎれの風彩 「ヤマノイモ」2-4


5.横からの画です。種子の翼はとても薄く、見た目・触れた感じは油紙のようです。これなら風があれば遠くへ飛ばされそうです
きれぎれの風彩 「ヤマノイモ」2-5


なお、見かけた果実は一個一個でしたが、通常は花序のように果実も数珠つなぎになります。
特徴ある果実はドライフラワーとしても使われるそうです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤマノイモの蒴果

これから里山を歩くとよく見かけます。
でも手に取って観察したことはありません。
今度見かけたら、観察してみます。

| 山小屋 | 2014/11/26 06:54 | URL | ≫ EDIT

実の中は

 先日奥多摩に紅葉見物に行った時、地元のお蕎麦屋さんで
ムカゴを食べたんですよ。茹でたムカゴに塩を振って、熱燗で
頂きました。美味しかったので、お土産に買って帰ったら
喜ばれましたよ。実の中がこのようになっているなんて知らずに
食べていました。教えて頂きありがとうございます。


| 西恋おじん | 2014/11/26 09:59 | URL | ≫ EDIT

ムカゴ

昔、山の道の駅で買って初めてムカゴご飯にしました。
美味しかったです。
見つけて食したくなりました。
果実は珍しい形ですね。
遠くへ飛ぶのでしょうか・・
芸術品見えてきます。

| ころん | 2014/11/26 15:01 | URL |

山小屋さん こんばんは

この種子は薄く面積があるので
風があればけっこう飛ぶと思います。
上手く出来ていますね。

| 山ぼうし | 2014/11/26 23:52 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

お蕎麦屋で、ムカゴつまみに熱燗!
ん~昔のことは分かりませんが、
今では贅沢感がかなり高いと思います~。

| 山ぼうし | 2014/11/26 23:52 | URL |

ころんさん こんばんは

ほ~ムカゴご飯ですが、一緒に炊くのかな。
いろいろな食べ方がありそうですね。
機会があれば、是非種もご覧ください。

| 山ぼうし | 2014/11/26 23:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/603-1d7296e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT