きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メグスリノキ ~大きめの3出複葉(桃色葉)

メグスリノキを初めて見て取り上げたのは2010年の夏でした。名前とカエデの仲間ということに驚いたものです。森林公園にもメグスリノキがありました。これまで見たものよりも大きく、紅葉もキレイでした。〈散歩日:11月23日〉

メグスリノキ(目薬の木)は、ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属で、山形・宮城県以南の本州、四国、九州の山地に自生する日本固有種の落葉高木です。雌雄異株。

1.主幹を見上げます。樹高は10m?あるのではいかと思います
きれぎれの風彩 「メグスリノキ」3-1


2~3.タイトルに「桃色葉」としたのは極端かもしれませんが、赤・紅ではなくピンクに近い色です葉は3出複葉で対生し、小葉には波状の鋸歯があります
4.緑色が残る葉もあります
5.離れて撮りにくい位置にありました。横枝が少ないのは管理上のことでしょう
6.坂の上からズームで陽の当るところを撮りましたが・・・ボケました
「2」「3」「4」「5」「6」
「メグスリノキ ~大きめの3出複葉(桃色葉)」


一般的なカエデの葉は掌状ですので、3出複葉はらしくないカエデの一つです。他にはチドリノキ(単葉)、ヒトツバカエデ(単葉)、次回取り上げる予定のミツデカエデ(3出複葉)などがあります。

名前は、戦国時代頃から樹皮を煎じた汁を目薬として使用し、眼病などに効用があったことに由来しますが、他にも「長者の木」や「千里眼の木」などとも呼ばれます。メグスリノキとWeb検索すると様々な通販サイトがヒットするのも他に無い事です。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

3出複葉で、カエデの仲間で、桃色葉ですか。
実物を見たいですねぇ。
今年の秋は、おかげさまでいろいろと学習できます。

| ディック | 2014/12/04 18:34 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

3出複葉の桃色は他に見たことがないかもしれません。
本種はココを含め3個所で見ましたが、けして多くは無いですね。
この樹については、もう少し横に枝が張っていれば
カッコイイのにな~と思いながら・・・。

| 山ぼうし | 2014/12/06 16:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/608-f9639bec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT