きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤブレガサ ~破れ傘のような葉と冠毛

森林公園のカエデ園は大人で、運動広場は家族連れで賑わっていましたが、野草コースではほぼ一人で、静かな樹見散歩兼森林浴を楽しめました。その雑木林の林床で円い葉が放射状に裂けたような緑の葉がありました。〈散歩日:11月23日〉

ヤブレガサ(破れ傘)は、キク科ヤブレガサ属の多年草です。本州、四国、九州に分布し、山地の林内のやや乾いた場所や斜面などに生育します。

早春に出てくる芽(根出葉)が破れた傘のように見えるのが名前の由来です。
若い個体は根出葉一枚だけで過ごし、年数を経てくると花茎を伸ばし数枚の葉と先には花序をつけます。茎は直立し草丈は1メートル近くになるそうです。

1.根出葉だけの若い個体です。円い葉を引き裂いたように深く裂けており、さらに各裂片が浅く裂けています。葉の縁には不揃いの鋸歯があります
きれぎれの風彩 「ヤブレガサ」1-1


円い葉は大きく、径は30センチ以上になります
2.花茎が伸びている個体です(もちろん花は終わっています)
3.茎葉は円くならず、不規則な掌状に裂けます
4~6.果実(痩果)が残っているのもありました。冠毛が開いて風待ちのよう
「2」「3」「4」「5」「6」
「ヤブレガサ ~破れ傘のような葉と冠毛」


夏に咲く花は、円錐花序に白色か淡紅色の花(頭花)を多数つけます。頭花は径1センチ弱で、花冠が5裂する両性の筒状花が10個前後集まり一つの頭花になります。

初めて見る面白い葉の形状・名前で珍しいと思ったのですが、新芽は山菜として利用するそうです。ひょっとしたら食べたことがあるのかもしれません。(帰省した時に聞いてみようと思います。)


《本種とは関係ない話》
ヤブレガサと知り、頭に浮かんだのは「破れ傘とうしゅう」という言葉です。でも「とうしゅう」って何だろう?調べてみると昔のTV番組『破れ傘刀舟悪人狩り』のことでした。時々観ていたのかも知れません。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤブレガサ

春の新芽は山菜として人気があります。
私も天ぷらにして何度か食べたことがあります。
癖のない食材です。

| 山小屋 | 2014/12/09 07:24 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ヤブレガサがまだ残っていましたか。
私も以前の記事で『破れ傘刀舟』に触れたことがあります。やはりヤブレガサと聞くと刀舟をイメージしてしまいます。

| 多摩NTの住人 | 2014/12/09 08:30 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

山菜としていただいたことがあるのですね~。
ん~ということは新潟でも食べるということで、
やっぱり食べた事あるのかな~。

| 山ぼうし | 2014/12/09 22:50 | URL |

多摩NTさん こんばんは

「まだ」の時期なのですね。
いかにも、枯れて無くなりそうな葉なのに
緑色で(しかも大きくて)驚きました。

| 山ぼうし | 2014/12/09 22:51 | URL |

自然教育園で見ました

目黒の自然教育園で、白い綿毛がたくさんついているのを見ました。
San Poの会で目に付いたすぐ後にこの記事と出会ったというのは、これを機会にしっかり憶えるように…、ということでしょう。

| ディック | 2014/12/09 23:07 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

自然教育園では、まだ綿毛がたくさんあったのですね。
不思議で面白い葉ですから、これは私でも忘れにくいだろうと思いました。

| 山ぼうし | 2014/12/10 23:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/612-1396c7d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT