きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオハダ ~見応えのある黄葉

森林公園のカエデ園の中に(カエデの仲間ではないのですが)、キレイな黄葉をつけた背の高い木があり目を引きました。また、野草コースでも同種を見ました。アオハダ(名札で確認)の黄葉はとても見応えのあるものでした。〈散歩日:11月23日〉

アオハダ(青膚、青肌)は、モチノキ科モチノキ属の落葉高木で北海道から九州の明るい山地に自生します。樹高は10メートル以上になり、雌雄異株。

1~4.カエデ園内のアオハダです。株元から5本の幹に分かれて高く伸び、樹冠は黄葉で覆われ、枝葉は幾重にも重なっていました
5.無草コースでは何ヶ所かにあり、広葉樹林を構成し且つ葉は目立っていました
「1」「2」「3」「4」「5」
「アオハダ ~見応えのある黄葉(1)」

調べてみると、長枝と短枝があり葉は単葉で、長枝に互生し、短枝の先には束生するそうです。また、枝先は多くが短枝になるとの記載もありました。
*束生(そくせい):束(たば)になって1つの節から葉が出ます

6~8.逆光での葉裏です。緑色~黄色へ変色中。画を確認したところ、葉は短枝についています。(長短の枝のことを知っていれば捜したのですが・・・)
9~10.野草コースでは、低い樹もあり葉表を確認、脈が目立ちます
葉身は卵形~広卵形で、先は短く尖り基部は円形、縁には低い鋸歯があります
「6」「7」「8」「9」「10」
「アオハダ ~見応えのある黄葉(2)」


黄葉を見上げていた時に、何となくイチョウに似ているイメージを持ちましたが、短枝で束生が同じだと分かり納得しました。

樹皮は灰白色で薄く、爪で簡単に剥がれ、緑色の内皮が現れることからアオハダの名前がつきました。高木でありながら樹皮が薄く、葉緑素を含んだ皮層がある植物は少ないそうです。
秋に径7ミリほどの球形の果実が赤く熟します。(未確認です)

若芽は食用となり、ゆでて和え物やおひたしにし、また茶の代用として使用されることもあるそうで、人の生活にとって身近な樹だったようです。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アオハダ

皇居東御苑でみたことがあります。
春に小さな白い花を咲かせます。
きれいな肌をしていますね。
どんな化粧水を使っているのでしょうか?(笑)

| 山小屋 | 2014/12/10 07:19 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

こんにちは。
アオハダの黄葉が綺麗ですね。下から逆光で見上げるのも好きです。アオハダを初めて見た時、コインで樹肌をちょっと剥がして、その緑色を確認したものでした。

| 多摩NTの住人 | 2014/12/10 07:48 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

思わぬ黄葉にドキッとしました。次は花を・・・。

青肌に 振りかけたのは 天の水(雨)・・・ダサい。

| 山ぼうし | 2014/12/10 23:49 | URL |

多摩NTさん こんばんは

秋に、カエデの仲間以外で、カエデと同じくらいに「キレイだな~」と思ったのは初めてかもしれません。
緑色、樹皮で光合成?不思議ですね。

| 山ぼうし | 2014/12/10 23:53 | URL |

いままで気が付いたり注目したりしたことがありません。
1〜5の樹木の様子と、10の葉の様子で、憶えておいて、捜したいと思います

| ディック | 2014/12/20 22:15 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

初めて見たのですが、個人的に好みです~。
広い雑木林の庭を作るのなら是非植えたいな~と思いました。
(↑が、ありえないですけど)

| 山ぼうし | 2014/12/25 12:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/613-f23fde78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT