きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カシワバハグマ ~花後からの冠毛

2年前の10月に、森林公園の野草コースで初めてカシワバハグマ(花)を見ました。今回はその後の状況を見ることができました。〈散歩日:11月23日は今回で了〉

カシワバハグマ(柏葉白熊)は、キク科コウヤボウキ属の多年草で、本州~九州の余り日の差し込まない日陰地に生育する日本固有種です。草丈は~70センチに。

当地では斜面に挟まれた底(谷状になった底)のほうにあり、木漏れ日が時々あたるような場所です。(写すには木漏れ日頼りです)

1.カシワバハグマの草姿です。葉は茎の中央に集まり、長楕円形で粗い鋸歯があります(柏の葉に似ている?)。茎の先の頭花は終了です
きれぎれの風彩 「カシワバハグマ」2-1


2.冠毛が伸びてきています。総苞は長さ25ミリ前後で鱗のように重なります。花が咲いている頃の総苞片は緑色でしたが白く変わっています
きれぎれの風彩 「カシワバハグマ」2-2


3~4.冠毛はさらに伸び開いてきます。全体は枯色に変わってきます
きれぎれの風彩 「カシワバハグマ」2-3


きれぎれの風彩 「カシワバハグマ」2-4


5.冠毛が飛んで行った後は、大きく開いた総苞片が残ります
きれぎれの風彩 「カシワバハグマ」2-5


カシワバハグマの頭花や冠毛が無くなった後の総苞片の形は、コウヤボウキ属を代表するコウヤボウキによく似ています。

とはいえ(何故か)本種は草本、コウヤボウキは矮小な木本です(葉は小さいです)。さらに、本種は頭花が数個つきますが、コウヤボウキは枝先に1個です。不思議です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:22 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カシワバハグマ

かわいい花が咲きます。
花後の綿毛もおもしろいです。

| 山小屋 | 2014/12/12 07:26 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

カシワバハグマは当地では見られない花です。コウヤボウキもそうですが、この総苞片が花のように見えて面白いですね。

| 多摩NTの住人 | 2014/12/12 08:32 | URL | ≫ EDIT

成長過程が

 こんにちは。
カシワバハグマは、成長過程が面白いですね。
うろこ状の総苞は、珍しいのでは。
綿毛のような冠毛が飛んで行った後の総苞片は、まるで花弁のようです。
 植物図鑑を超えた、観察に仕方で恐れ入りました。
いつも勉強になります。

| 西恋おじん | 2014/12/12 10:31 | URL | ≫ EDIT

初めて聞く植物です。
花の姿はなかなかに魅力的ですね。
総苞の鱗模様がよし!

草丈70cmですか~。
写真から受けるイメージはもっと小さいのかと思いました。

| らーしょん | 2014/12/12 15:44 | URL |

カシワバハグマ

花も綺麗ですし・
花後の過程も実に美しいです、
良いもの見せていただきました。

| ころん | 2014/12/12 19:05 | URL |

山小屋さん こんばんは

細いリボンをまとめたような花でしょうかね。
綿毛は開平する手前がキレイだな~と。

| 山ぼうし | 2014/12/12 22:36 | URL |

多摩NTさん こんばんは

えっ、多摩の方では見られないのですか。
ん~、といっても私もココでしか見たことが無いです。

| 山ぼうし | 2014/12/12 22:36 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

総苞はデザインされたように見えるほどですよね。
初めてコウヤボウキが目に留まったのは冠毛が無くなった後の花のような形でした。カシワバハグマも同様で驚きました。

| 山ぼうし | 2014/12/12 22:37 | URL |

らーしょんさん こんばんは

特徴のある花であり総苞ですよね~。
画のものは70センチは無いです。50センチくらいかな。

| 山ぼうし | 2014/12/12 22:38 | URL |

ころんさん こんばんは

これを目的にしていたわけではないのですが、
見ることができて良かったです。
日蔭モノなのに花が終わっても魅せる・・・エライ。

| 山ぼうし | 2014/12/12 22:38 | URL |

花後の姿って、なんかとてもシュルレアリスティック。とても妙な感じがします。総苞片がそう感じさせるのかも知れません。

| ディック | 2014/12/22 22:40 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

えっ?シュルレアリス・・・馴染みのないお言葉。所謂シュールですかね。
総苞片の開き方・残り方が花弁のように見えて、でも色は枯れ色で、季節は初冬。そんなところが妙な感じに受けるかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2014/12/25 12:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/614-4b614cee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT