きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハンノキ ~自然学習センターから

今年初めて北本自然観察公園に行ってきました。〈散歩日:1月25日〉
この日は歩くことを目的(?)とした団体さんがおられ、木道の分岐では立ち往生、埼玉県自然学習センターの1階はワサワサとしていました。そこで、何年振り(?)かで2階に行ってみました。2階は観察ロビーになっていて望遠鏡も常設されています。

1.窓の外から見える「高尾の池」には野鳥が・・・いない。いつも居るのですが、凍っているのが原因でしょうか。その右側手前にハンノキがありました
きれぎれの風彩 「ハンノキ」3-1


ハンノキ(榛の木)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木で、日本~朝鮮半島~満州に分布します。日本では山野の低地や湿地、沼に自生し、過湿地において森林を形成する数少ない樹木です。
このハンノキはセンター裏側にあるビオトープの小さな池の畔にあります。

2~4.生長したハンノキは低い位置で枝を見ることがなく、花序のつく枝を横から見ることは稀でした。ヤマノイモもこの高さまで伸びていたようです
5.雄花序は尾状で垂れ下がっています。小さな雌花序は雄花序の下部に(中央左)
6.秋に熟す球果は長さ1.5~2センチの松かさ状で、翌年の春まで残ります
「2」「3」「4」「5」「6」
「ハンノキ ~自然学習センターから」

荒川周辺では昔に比べて湿地が減ってきたため、ハンノキの林が減少していますが、そのためにハンノキの葉を食べて大きくなるミドリシジミも減ってきています。
当地から南に下ったところにある「三ツ又沼ビオトープ」では、ハンノキの苗を植えて、荒川の自然を取り戻すプロジェクトが進行しています。

※ハンノキ;秋葉の森総合公園と見沼総合公園三ツ又沼ビオトープ
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 22:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たまには出かける

おはようございます。

こうして自然のあるところへ出かけるのは
よいですよね。僕もそうしたいところです
が、なかなか難しいです。

ハンノキ。たぶんこちらでも見られますねぇ。


| 地理佐渡... | 2015/02/05 06:45 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ハンノキの花穂が目立つ季節になりましたね。これもたしか花粉症を引き起こすんでしたよね。ミドリシジミはハンノキが食草なんですね。

| 多摩NTの住人 | 2015/02/05 08:18 | URL | ≫ EDIT

ハンノキ

カンザシのようです。
春になるとキブシがカンザシに見えます。
そんな季節が早く来て欲しいです。

| 山小屋 | 2015/02/06 07:35 | URL | ≫ EDIT

ぼくはオオバヤシャブシしか知りませんが、4、5、6 などの写真を見ると、ああお仲間だ、と感じます。じつに特徴的です。
雌花序のほうも少しアップで注目した写真があるとよかったです。

| ディック | 2015/02/06 21:43 | URL | ≫ EDIT

地理多摩さん こんばんは

管理されているはいえ、同様の自然を求めると
数時間かけなければいけないと思いますので、
私にとってはありがたい場所ですね。

| 山ぼうし | 2015/02/07 19:51 | URL |

多摩NTさん こんばんは

あら、ハンノキは花粉症の元でしたか。
どの程度の飛散距離があるおでしょうかね、
今日花粉症の妻が「花がむずむずする」と。

| 山ぼうし | 2015/02/07 19:52 | URL |

山小屋さん こんばんは

「カンザシ」とはキレイな例えですね~。
尾状に垂れさがる花序は幾種類もあるのでしょうが
まだ知らないものが多いです。

| 山ぼうし | 2015/02/07 19:53 | URL |

ディックさん こんばんは

私はそのオオバヤシャブシというのをまだ・・・。
ハンノキがもっと近ければ良かったのですが、
私のカメラと腕では・・・。肉眼でも分からなくて。後付けです。

| 山ぼうし | 2015/02/07 19:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/625-fe935eac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT