FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハナカイドウ ~中国では最も美しい花という

今年から、意識して花木なども見るようになりましたが、その中でもハナカイドウの花にはちょっとした感動がありました。

ハナカイドウ(花海棠)は、バラ科リンゴ属で中国原産の落葉(小)高木です。和名は中国名の「海棠」をそのまま読んだものだそうです。

2月28日に公園で見かけた時は、変な(?)枝ぶり(細い幹から短い枝が出ている様)が目にとまりました。(写真では分かりにくいですね。)
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-1

冬芽は、赤い色がつき、少し裂けていました。しっかりした感じに見え、どんな花(葉?)が出てくるのだろう?と思いましたね。
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-2


それが・・・間が空いた4月10日、久しぶりに見に行くと、花がたくさんついているのです。葉の緑もあるので、にぎやかです。
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-3

花は、桜よりも紅く(桃紅色)、柄が長い特徴があります。
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-4

1か所からいくつかの花が吊り下がっています。
この時は、サクランボに似ているな~と思いました。後で(調べた時に)リンゴの仲間と知り、驚きです。
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-5

ハナカイドウは中国で最も美しい花とされ、柄が長く垂れて咲くことから“垂糸海棠”と呼ばれ、美人をたとえるときに使われているそうです。

別の場所に植栽されていたハナカイドウは、高さが4メートルほどありそうでした。こちらも、たくさんの花がついていました。
きれぎれの風採 「ハナカイドウ」1-6

調べてみると、ハナカイドウにも、八重・枝垂・斑入りなどの園芸品種があるようです。庭木にむいているのですね。

花芽は徒長した枝には着かず、短枝に着くため、長い枝を半分程度に切り詰め、単枝を増やすように剪定する。また、樹形が整わない樹木の代表でもある・・・そうです。変な(?)枝ぶりもカイドウにとっては普通だったわけですね。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト



| 落葉高木 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/63-811ca12b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT