きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユキヤナギ ~春に咲く白く密生した小花

ユキヤナギは、流石に知っています。以前、鉢植えを置いていたこともありますが、日当たりのよくない我が家には向いていなかったようです。

ユキヤナギ(雪柳)は、バラ科の落葉低木です。
日本では古くから庭木、生け花に利用されている馴染みの深い花木です。

地面の際からたくさんの枝を伸ばして弓状にしなり(枝垂れ)、花は小さな真っ白い花を枝いっぱいに付けます。鉢植えなどよりも、やはり群生しているほうが見ごたえがあります。

2月28日、公園で見かけました。細い枝々はスッキリしていますが、細かい緑がついています。
きれぎれの風採 「ユキヤナギ」1-1

よく見ると、小さい新芽が開きかけていました(ミニキャベツのように…)。
きれぎれの風採 「ユキヤナギ」1-2

(それから1カ月と10日の)4月10日、枝先から白い花~緑の葉になっていました。(最初の写真と同じ場所です。)
きれぎれの風採 「ユキヤナギ」1-3

花はまだまだ増えそうです。雪が積もったように枝いっぱいに白い花を咲かす(葉は柳に似て細長くなる)という名前の由来通りです。
きれぎれの風採 「ユキヤナギ」1-4

花の部分をよく見ると、芽の所から短い柄が伸び、白い5弁の花をつけています。柄の長さ分、枝が膨らんだような感じになっています。
きれぎれの風採 「ユキヤナギ」1-5

本当にたくさんの小花が密生しています。一群ではどのくらいになるのでしょう?(…といっても数えられないので、「無数」ということで。)

早春の花木の花は黄色が多いので、白は珍しい方ですよね。ユキヤナギには、淡いピンクの花をつける園芸品種もあるそうです。

公園や庭先でよく見かけますが、自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されているなど、地域的には絶滅が危惧されているそうです。地域的に・・・難しいですね~。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/64-b19e7667

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT