きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツルニチニチソウ ~覆輪の葉と青紫色の花

これも前2回同様、市内のお寺で見ました。青紫色の花色とその形が印象的で、調べてみると「ツルニチニチソウ」でした。〈散歩日:3月22日〉

ツルニチニチソウ(蔓日々草)は、キョウチクトウ科の常緑蔓性植物の一種です。ヨーロッパ原産で明治時代に持ち込まれた帰化植物ですが、全国の野原や土手で野生化しているようです。(土手には砂防用に植栽されているものもあります。)

園芸としては、日陰でも育ち乾燥にも強い、初心者でも育てやすいことから、グラウンドカバー、寄せ植え、ハンギングバスケットなどに用いられています。

1.淡い緑のツルジャングルの中から、花茎が立ち上がって花をつけ始めていました。花をつけないツル性の茎は1メートル以上になりますが、花をつける茎はそれほど伸びず40~50センチほどのようです
きれぎれの風彩 「ツルニチニチソウ」1-1


葉は対生し、色は緑一色のタイプや緑葉に白や黄色の斑が入る品種があり、斑の入り方も様々あります。
花は、春から初夏にかけて咲きます。花色は青紫や淡青、白花種もあります。

2~6.ここの葉は緑色で縁には不均等な黄白色が入ります。
花は青紫色で、5枚の花弁に見えるほど深く5つに裂けています。中心は5角形のように窪みます。花柄は立ち上がる茎の葉腋から伸びます。花径は4センチほど
「2」「3」「4」「5」「6」
「ツルニチニチソウ ~覆輪の葉と青紫色の花」


ここのツルニチニチソウのように、葉の縁に黄色の斑がはいっているタイプを「フクリンツルニチニチソウ(覆輪蔓日々草)」とも呼ぶようです。

また、花径が半分ほどの「ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)」というのもあり、耐寒性・耐陰性がより強いそうです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わが家の周辺の住宅街では、ヒメツルニチニチソウとツルニチニチソウ(わが家も)が両方見られます。
最初の頃は悩みました。ヒメツルニチニチソウの耐寒性のことはよくわかります。冬でも青々としています。

| ディック | 2015/04/13 21:07 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

両方見られるのですか~見比べることができるのはイイです。
花の大きさだけでは分かりにくい場合があるのですね。
冬でも青々なのは重宝しそうです。

| 山ぼうし | 2015/04/15 11:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/645-7bb41451

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT