きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アマドコロ ~細長鐘形の白い花

北本自然観察公園の生き物マップにアマドコロの記載があり、北側の隣地梅林に接する狭い園路沿いに行くと本種がありました。〈散歩日:4月25日〉

アマドコロ(甘野老)は、クサスギカズラ科(キジカクシ科)アマドコロ属の多年草です。ホトトギスのように1本の主軸にササのような葉を左右交互につける草姿で、草丈は30~50センチ。

1~2.葉は両端の尖った長楕円形で互生します (斑入りのタイプもある)
3~4.葉脈から柄がのび細長い鐘形の花が1~2つつきます
    茎には稜があり角ばっています
5.花の先が6つに丸く裂けて開きます
「1」「2」「3」「4」「5」
「アマドコロ ~細長鐘形の白い花」

6.横向きになった花がありました(撮り易い)。花の先端の方は緑色で、裂けた片の縁には白い化粧(?)があります
きれぎれの風彩 「アマドコロ」1-6


7.これは?1本の花柄なのですが、2つの花が合着したような・・・
きれぎれの風彩 「アマドコロ」1-7


アマドコロ(甘野老)の名は、地中の根茎の姿形がヤマノイモ科オニドコロ(鬼野老)に似て甘みがあるところから付けられました。
春先に出てくる若芽も山菜として食用にされるそうです。

クサスギカズラ科というのが珍しいと思ったのですが、ユリ科から変更されたもので、他にアスパラガス属やジャノヒゲ属、スズラン属、ギボウシ属、ツルボ属、ヤブラン属等々たくさんありました。
そういえば、アマドコロが生えている近くでは、以前ツルボを見ました。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 19:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アマドコロ

の花は、下を向いているので、なかなか分かり易く撮れません。
山ぼうしさんの写真で良くわかりました。
花の先が六つにわれて、白いお化粧もしているなんて、ホントにお洒落ですね。
素敵なお花を見せて頂きました。

| アルママ | 2015/05/05 10:01 | URL |

茎の稜がしっかり写っていますね。植物図鑑に紹介したいような写真です。
よく調べて記事を書かれているので、「ああそうだったのか」という点も多く、とても助かります。
わが家のアマドコロは斑入りです。花が咲いていないときでもたいへん美しいので、玄関先などに植えておくのによい植物です。

| ディック | 2015/05/05 22:06 | URL | ≫ EDIT

アルママさん こんにちは

アルママさんの日記で拝見した本種は、たくさんかたまっていましたよね。ここにはそれほどありません。すぐ斜面になるので増えにくいのかも。
この白い化粧は何でしょうね。不思議です~。

| 山ぼうし | 2015/05/06 09:35 | URL |

ディックさん こんにちは

調べるのは見た後ですし、肉眼では茎の稜のことはよく分からなかったのですが、撮れていて良かったです。アマドコロは葉や草姿がキレイですね。

| 山ぼうし | 2015/05/06 09:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/657-26d6e8e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT