FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャクナゲ ~常緑のツツジは花の球

名前だけは聞いたことがあります。「夏の思い出」にもありました。
♪水芭蕉の花が咲いてる 夢見て咲いている水のほとり
 石楠花(しゃくなげ)色にたそがれる はるかな尾瀬遠い空
しかし、姿形は知っているようで知らないような、そんな花木がシャクナゲでした。

シャクナゲ(石楠花)は、枝頂部にツツジに似た花を球状につけるツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の耐寒性常緑広葉樹の低木です。
樹高は50センチ~2メートル、鉢植えから庭木・公園木などに使われています。(こういったことは、後に調べて分かった事です。)

3月14日に、花と緑の振興センターでシャクナゲを見かけた時は、(もちろん、シャクナゲとは分からず)輪生状の細長い葉が、少しユズリハに似ているな~などと思いました。
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-1

別の木にプレートがあり、シャクナゲだということが分かった次第です。葉の中心には蕾(?)がありました。人差し指大位あり、大きいな~と、どんな花が咲くのだろう?と思いました。
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-2

1株だけ、シャクナゲの割に大きな(高さも幅も)木があり、上の方に1つだけ開きかけている蕾を発見しました。(ズームで撮りました)ずいぶんと大きな花弁だと思いましたね。
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-3


さて、4月17日に立ち寄った時・・・これには驚きました。この時期?この形状?満開ではないですか!?
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-4

遠目では分かりませんが、近くで見ると・・・確かに(私でも知っている)ツツジの花です。それがいくつか集まってボンボリ状になっているのです。
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-5

センターのシャクナゲは4~5株あったと思います。樹高1.5~2メートルですが、1株だけは
(3月に赤い蕾を見た株は)、高さが3~4メートルあります。
きれぎれの風採 「シャクナゲ」1-6

このような大きい株は珍しいのでしょうね。垂直方向の花の壁には圧倒されます。このまま元気でいてほしいものです。

ところで、ツツジ科は100属1300種以上もあるそうです。そのような品種の仲間ですから、シャクナゲにもたくさん種類があります。花の色も紅紫・白・桃・黄・赤など。西洋シャクナゲなどは、ヒラヒラしています。

「夏の思い出」では、シャクナゲも夏に咲くイメージがありますが、違ったのですね。尾瀬の「シャクナゲ色」というのは、淡い桃色~紅色なのかな?と勝手に考えますが、いかがなものでしょう。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト



| 常緑低木 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/66-ef6de38e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT