きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タチイヌノフグリ ~立ち姿と青紫色の花

丸山公園の草地-7回目。一口に草地といっても、様々な草本の草丈が高く密生している所や、草丈が低く疎らに生えている所もあります。その疎らな方で、ひょっとして?と思う草本を見つけました。少ない株数でしたが、初めて見てから2年振りのタチイヌノフグリです。〈散歩日:5月6日〉

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)はオオバコ科(←ゴマノハグサ科)クワガタソウ属の越年草です。ヨーロッパ・アフリカ原産で、世界中に外来種(帰化植物)として分布しています。日本には明治の初期に渡来したとされています。

〔Webで確認した特徴〕
茎は直立して高さ10~30センチになる
花は青紫色で径は3~4ミリ、花冠は深く4裂する。花柄はほとんどなく苞や萼に埋まるように咲く。萼片は4枚で腺毛と短毛がある。雄しべは2個、雌しべは1個
葉は幅の広い卵形で大きな鋸歯があり対生する。茎の上部につく葉は披針形で互生する。先端の方はしだいに小さくなって苞となる

1~2.タンポポの種子で小ささを確認できます。多くのWebの説明では「葉は卵形で対生」としかありません。ここで見た本種はほとんどが互生で葉の形も披針形です
3~4.こちらは、分かり難いのですが、茎の下の方の葉は卵形で対生です
2年前に見た本種は、上の方まで対生のもありました。個体差があるようです)
5.後で分かったのですが、茎の右側に若い果実ができています
「1」「2」「3」「4」「5」
「タチイヌノフグリ ~立ち姿と青紫色の花」

6.花はキレイですが、小さいですし風で揺れます。コンデジ辛いです
きれぎれの風彩 「タチイヌノフグリ」2-6


オオイヌノフグリやフラソバソウ、イヌフグリ(未見です)の仲間ですが、茎が立ち上がるのは本種のみで、和名の由来となっています。また、最も他の植物の生育が少ないような、乾燥した荒れ地に生育する傾向が高いそうです。さらに、花は小さいうえに昼間の数時間しか開かないので、目立たないようにできています(?)。

久し振りのタチイヌノフグリでしたが、よく行く北本自然観察公園では未だ見ていません。見逃しているのかもしれません。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらでも見ます

おはようございます。

こちら越後でも見られる種です。
花が小さいので撮影は大変。
今回紹介のものはうまく撮れていますね。
目立たないのですが、気になる存在。
僕も以前紹介したことがあります。

さあて、昨日も今日も暑くなりますねぇ。



| 地理佐渡... | 2015/05/26 06:58 | URL | ≫ EDIT

タチイヌノフグリ

お早うございます。
小さな花が良く撮れていますね。
わが家の庭にも沢山生えてきました。
今年は撮らずに、全部引き抜きました。

| アルママ | 2015/05/27 08:10 | URL |

佐渡地理さん こんにちは

>目立たないのですが、気になる存在
まったく、その通りです。
画の方は、コンデジでも晴天で風がなければ稀に・・・です。ありがとうございます。

| 山ぼうし | 2015/05/29 13:41 | URL |

アルママさん こんにちは

タチイヌノフグリが庭に沢山生えるのですかー!
すごいですね。地域差があるのかな。
でも、庭で楽しむ種ではないですね。

| 山ぼうし | 2015/05/29 13:42 | URL |

さっき撮ってきた写真と見くらべています。
う〜む、違うなあ。タチイヌノフグリではない。でも、オオイヌノフグリではないし、フラサバソウでもないのはわかる。
イヌノフグリとは色が違う。
困りました…。

| ディック | 2015/06/01 14:04 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

似たような草本があったのですね。
何でしょう?何れかの変異でしょうかね。

| 山ぼうし | 2015/06/04 12:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/669-f939fe1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT