きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イチヨウ・ウコン・フクロクジュ

4月17日に、花と緑の振興センターに行った際に、この時期なのに!?元気よく咲いている桜、まだ4分咲き(?)の桜を見かけました。桜にはたくさんの品種があるようですが、咲く時期についても様々です。

イチヨウ(一葉)は、葉もあり終わりかけ?かと思いましたが、よく見ると満開状態でした。たくさんの花弁が目につきました。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-2

淡紅色の八重咲き。花弁は21~50個(差がありますね~)。雄しべが葉化しているのでこの名前がついたとか。サトザクラの中ではよく植えられる種類だそうです。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-1


ウコン(鬱金)は、白?黄色?黄緑?珍しい花色をした桜でした。葉は茶色なのですね。これも満開に近い状態でしたね。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-3

花は八重で珍しい黄緑色。花の色をショウガ科の「ウコン」の根茎で染めた黄色にたとえて名付けられたそうです。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-4

このような桜は、他に見ることは無いのだろう。と思いましたが、翌週の24日、息子が通う高校に(初めて)行った際、校門から続く坂道に2本のウコン桜が植栽されていました。これには驚きましたね。

フクロクジュ(福録寿)は、この日で4分咲き(?)に見えました。蕾の方が多いし、しかも蕾が大きく感じました。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-5

サトザクラの園芸品種で、花は4月中~下旬に咲き、大輪の八重咲きで淡紅色。葉弁がねじれた状態にまがるそうです。
きれぎれの風採 「サトザクラ種」1-6

後で気づきましたが、皆サトザクラの仲間なのですね。
調べてみると、サトザクラは、山桜に対して、往々にして人間の観賞用に改良されてきたため、花びらの数の多いものや、見栄えのするものを選んで作られています。
八重咲き、枝垂れ咲きの種類も多いそうです。

葉と花が同時に出るものが多いそうです。ここで見た3種類は、高さのある大きな樹木でした。高校で見たウコンも大きかったです。長寿の種類なのでしょうかね。桜にもいろいろあるものです。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/67-6af7ef5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT