きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フタリシズカ ~花に見えない花穂が2本

植物見の方にとってはご存知の種と思われますが、先月、城山公園で初めてフタリシズカを見ました(どこかで見ているとは思いのですが、認識しました)。その後、北本自然観察公園でも見つけました。〈散歩日:5月4日・23日・31日〉

フタリシズカ(二人静)は、センリョウ科チャラン属の多年草で、沖縄を除く全国に分布し、山地の林床でよく見られるそうです。

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は30~50センチほどで、短い根茎から、節のある茎を数本直立させる
葉は長さ10センチ前後の広卵形で、茎の上部に2対が対生。細かな鋸歯
・茎の先に穂状の花序が上向きに2本(が多い)つく
 花には花弁も萼もなく、白い3本の雄しべが丸くなって雌しべを包む

1.5月4日:雑木林の林床で広い範囲で育っていました(画は全て城山公園)
  上から見ると葉は十字で4枚
きれぎれの風彩 「フタリシズカ」1-1


2.多くの花穂は2本です。草丈の割には大きな葉です
3.花穂が5本のタイプ (何本まであるのでしょう)
4.これが開花状態とは思えず、蕾かと思いました。小さなグーが並ぶ
5~6.5月23日:ほとんど花が終わり小さな(3ミリほどの)果実に
「2」「3」「4」「5」「6」
「フタリシズカ ~花に見えない花穂が2本」


7.5月31日:この一帯は葉に光沢が見られました。でも触った感じは同じ
きれぎれの風彩 「フタリシズカ」1-7


夏から秋にかけて(果実の成熟期に)茎の下部の節から閉鎖花をつけた細い花序をだすようです。通常の花も見た目は充分閉鎖されていて自家受粉間違いなしと思えるのですが、不思議なものです。

名前の由来は、花の姿を能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞い姿に例えたそうですが、私にはピンときません。風流でキレイな名をいただいたものです。

セットで並べられる同属のヒトリシズカは、まだ見たことがありません。また同科ではセンリョウも見ていません。いつかどこかで成り行きで・・・と思っています。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フタリシズカ・・・
里山を歩いている時、よく出会います。
季節的にはヒトリシズカより少し遅れて顔を
出す花です。

| 山小屋 | 2015/06/04 06:55 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

フタリシズカは変わった花ですよね。時々、5人くらいいるのも見つかります。ヒトリシズカはまだでしたか。花期は少し早く4月上旬頃です。とても可愛い姿ですよ。来春にどこかで見られると良いですね。

| 多摩NTの住人 | 2015/06/04 08:25 | URL | ≫ EDIT

ひっそりと

 こんにちは。梅雨の時期になりましたね。
フタリシズカは近所の樹林地で見かけることがありますね。
以前、庭に家内が大好きなヒトリシズカを植えていたのですが、
父が、雑草と間違えて抜いてしまったことがありました。
フタリシズカもそうですが、それほど目立たない草花ですよね。

| 西恋おじん | 2015/06/04 12:01 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんにちは

花らしくない花ですが、里山でみたら癒されそうな気がします。
ヒトリシズカの方が早いのですね。

| 山ぼうし | 2015/06/06 17:50 | URL |

多摩NTさん こんにちは

この科の植物は最も原始的な花・・・という記載もありました。本当に変わった花です。
花序3人~5人とけっこういますね。ヒトリシズカは来年4月に!

| 山ぼうし | 2015/06/06 17:51 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

ヒトリシズカは庭に植えたくなるほどの花なのですね。このような野草の花は華美ではなく控え目な感じがイイですね。

| 山ぼうし | 2015/06/06 17:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/673-44aa72e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT