きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニワトコ ~開花から熟す果実まで

昨年、北本自然観察公園で初めてニワトコというのを知りました。今年は城山公園(桶川市)のニワトコを観察しました。〈散歩日:4月19日・25日、5月31日〉

ニワトコ(接骨木、庭常)はレンプクソウ科(←スイカズラ科)ニワトコ属の落葉低木です。北海道を除く日本各地の山野に自生し樹高は3~6メートル。

〔Webで確認した特徴〕
・樹形は根元からよく分枝し、枝は孤形を描き灰褐色で若い枝は淡緑色
葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は長楕円形で先は尖り、縁には鋸歯がある
・花は葉の展開と同時に今年枝の先に、長さ幅共3~10センチの円錐花序を出し、淡黄白色の花(径3~5ミリ)を多数付ける
・果実は3~4ミリの球卵形の核果となり、6~8月に赤色に熟す

1~5.4月19日、形が一様ではない花序が葉の上に浮かんでいます
  奇数羽状複葉の小葉は3~4対あります
  花冠は5裂して反り、雄しべは5個で、雌しべ1個
「1」「2」「3」「4」「5」
「ニワトコ ~開花から熟す果実まで(1)」

6~7.4月25日、花が終わって枯色になり、若い果実ができていました
8~10.5月31日、果実は膨らんで球形に近くなり、緑色から赤く熟しています
  花序は上向きでしたが、果穂は横になっていました
「6」「7」「8」「9」「10」
「ニワトコ ~開花から熟す果実まで(2)」

スポンサーサイト

| 落葉低木 | 22:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ニワトコの観察はお疲れ様でした。
花の時期には結構アブラムシが付いていることが多く、以前、知らずに茎を触って驚いたことがありました。
ニワトコは春の芽吹きの様子が生命感があって好きです。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2e/48/69a2bea4553c905fb8391e09ae02b7ca.jpg

| 多摩NTの住人 | 2015/06/10 08:18 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

アブラムシがたくさんついていたら・・・ちょっとひきますね。
芽吹きですか~、気付きませんでした。
画像を拝見しましたが、これはキレイですね~。それに、この状態から複葉や花序になると想像するとスゴイですね~。

| 山ぼうし | 2015/06/10 22:18 | URL |

ニワトコ

の観察記録、素晴らしいですね。
赤い果実がしっかり残っているところが撮れて良かったです。

| アルママ | 2015/06/11 17:41 | URL |

アルママさん こんにちは

ニワトコの果実で熟して赤くなっているのは、なかなかキレイなモデルさんが少ないですね。虫やクモの糸や・・・。なのでヨカッタです。

| 山ぼうし | 2015/06/14 14:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/677-775038d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT