きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イヌガラシ ~黄色で細長い十字花

北本自然観察公園の北東側で、木道から続く日のあたる園路脇に黄色の花を見つけました。再訪すると果実ができていました。これは?〈散歩日:5月4日・23日〉

イヌガラシ(犬芥子)は、アブラナ科イヌガラシ属の多年草で。日本全土の草地や畦道、道ばたに生えます。花期は4月~9月、その間花や果実が見られます。

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は20~50センチ。根元から株立ちとなり、茎は赤みを帯びる
茎の葉は互生し披針形で粗い鋸歯あり。根生葉は長楕円形で羽状に裂ける
花は黄色で細長い四弁花(十字花)、径は4ミリ前後で茎先に総状につける
 雄しべは6本で、雌しべは1本
果実は長さ約2センチの長角果(棒状)で弓状に曲がる。熟すと果皮は紫褐色に

1.これまでにも多分どこかで見たことがあると思われる姿でした
2.花数はあるのですが、花弁が4枚で細長いので全体的に花の面積が少ないです
3.花の中心に円柱状の雌しべが出ています。蕚がもっと黄色だったら・・・
4.ここでは群生ではなく、様々な草本に混じって所々に生えていました
5.茎につく葉の様子です。根生葉のことを知らなかったので・・・
「1」「2」「3」「4」「5」
「イヌガラシ ~黄色で細長い十字花」


6.5月23日です。花が終わったところから、果実(長角果)が伸びています
きれぎれの風彩 「イヌガラシ」1-6


花の中央から果実が伸びる様子は、同じアブラナ科のタネツケバナやミチタネツケバナに似ていると思いました。
花の形がアブラナとまではいかなくとも、花弁にもう少し幅があったら、もう少し円みがあったら、この野草の印象もかなり違うでしょう。でも、そうではない。どんな意図があるのかは分かりませんけど。

名前の由来は、カラシナに似るが食用にならないことから。「似て非なるもの」の「非(イナ)」から転訛してイヌガラシとなったようです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イヌガラシ・・・
雑草化していますね。
繁殖力も強いのでいろんなところで見られるようです。

| 山小屋 | 2015/06/11 07:11 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

なるほど、イヌガラシの葉は切れていませんね。キレハイヌガラシとの違いがよくわかりました。

| 多摩NTの住人 | 2015/06/11 20:53 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんにちは

一株の全体を抑えたかったのですが、
様々な雑草と混じっていて難しかったです。またどこかで

| 山ぼうし | 2015/06/14 14:08 | URL |

多摩NTさん こんにちは

葉だけを見比べると全くちがいますね。
キレハの方は花が円くて、アブラナっぽい感じに見えます。

| 山ぼうし | 2015/06/14 14:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/678-7515b099

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT