きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナンバンギセル ~寄生植物

先週の土曜日、久し振りに国営武蔵丘陵森林公園に行ってきました。昨年の11月以来です。公園のWebを見ると「ナンバンギセル」が咲いているとのこと。他の方のブログで拝見した時から、是非一度見てみたいと思っていました。〈散歩日:9月12日〉

ナンバンギセル(南蛮煙管)は、ハマウツボ科ナンバンギセル属の1年生寄生植物です。日本各地や東アジアに分布するようです。

〔Webで確認した特徴〕
葉緑素を持たない寄生植物で、ススキやイネ、ミョウガなどの根に寄生する
・茎は短く、葉は小さな鱗片状で、ほとんど地上には出ない
地上は高さ15センチ~の花柄で、先に筒型で薄紫色の花を横向きにつける
花冠の長さは3センチほど、先は浅く5裂し、基部は1枚の萼が包む
・果実は球形状で蕚に包まれたまま熟し、中には微小な種子が多数入る

「1」「2」「3」「4」「5」
「ナンバンギセル ~寄生植物」

当公園にはナンバンギセルを目当てに来られる方も多いのでしょう、近くまで行くと案内板があり助かりました。ただ、ココという場所では花が終わっていました。

少しガッカリしましたが、園路沿いにはススキが続いており、(ピークは過ぎていると思われますが)所々で花を見ることができました。
あと、ボーダー花壇でも見られました(上の最後の画です)。

名前の由来は、和名の通りで花の姿を南蛮渡来の煙管(キセル)に見立てたもののようです。キセルではなくギセルと濁点ありです。最初にカタカナで名前を読んだ時には変な名前だと思いました。
また、煙管が日本で普及する前から本種はあったはずなので、それ以前の呼び名から替わったと思われます。それ以前が『思い草』であるなら改名は残念な気がします。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ナンバンギセル・・・
でてくるところは何ヶ所か知っていますが、今年は
まだ見に行っていません。
もう終わったかも知れません。

| 山小屋 | 2015/09/20 07:39 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんにちは

一度は見てみたい種でしたので、まずは嬉しいです。
葉緑素をもたない寄生植物、不思議です~。
ここは有料公園ですので、他の所でも見られたらよいのですが・・・。

| 山ぼうし | 2015/09/20 09:23 | URL |

入江泰吉さんと中西進さんの随筆兼写真集 「入江泰吉 万葉散歩」で憶えました。
道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらさらに 何をか思はむ
の句が気に入っております。
それで、最初にこの花を見つけたのは、飛鳥の古墳後の公園でした。
そのあとは新宿御苑でした。
まだ2回しか見たことがありません。

| ディック | 2015/09/20 09:41 | URL | ≫ EDIT

ナンバンキセル・古代の花と言った間隔に見えます・・
一度も見てません・
デックさまおしゃってます。
新宿御苑日本庭園で見られるそうですが・
出会いが難しいですね。
出会ってみたいものです。

| ころん | 2015/09/20 16:37 | URL |

ディックさん こんにちは

尾花はススキのことなんですよね。
思い草の和名の方が・・・さらに、「思ひ草」の名前の方が古(いにしえ)を感じられて良いですね。

| 山ぼうし | 2015/09/21 08:30 | URL |

ころんさん こんにちは

私も今回が初めてです。なかなか見つかりにくい植物ですよね。でも、さいたま市の桜草公園でも見られたとか。知られてないけど自生する場所はありそうですよ。

| 山ぼうし | 2015/09/21 08:36 | URL |

ナンバンギセル

わざわざ見にお出かけになったのですね。
出会えて良かったですね。
私は、まだ一度もあったことがありません。
いつか会いたい花の一つです。
武蔵丘陵森林公園は、数年前には年に何回かはでかけました。
今は車がないので、全く行くことがなくなりました。
南側の駐車場から入る光景は今でもはっきり覚えています。
とても懐かしいです。

| アルママ | 2015/09/21 13:27 | URL |

アルママさん こんばんは

私はほぼ中央口からで、西口と南口からが各1回です。
歩くと時間がかかるし、バスは照れるし、ここ何回か自転車をレンタルしていますが、自転車筋力がないのでとても疲れます。
何か行かれる機会があったら良いですね。

| 山ぼうし | 2015/09/22 00:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/708-49d6eac0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT