きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新潟のカスミザクラ(野生種)

GWに新潟の実家に帰省した時のこと、近くの「道の駅」で、久し振りに会った友人が、白倉(という地名)の桜を見に来たというので、私も次の日に見に行きました。
2~3つ先の集落にあるその桜は「カスミザクラ」でした。

きれぎれの風採 「カスミザクラ」1-1

サクラはバラ科サクラ属の総称ですが、大別すると①野生種(ヤマザクラなど)、②自然交雑種(ソメイヨシノなど)、③園芸品種(サトザクラなど)に区分され、さらに、野生種はシロヤマザクラとオオヤマザクラ、そして、カスミザクラに区分されるそうです。

カスミザクラは樹高15~20メートルの落葉高木で、ヤマザクラに似ていますが、花の大きさがやや小さく、開花は4月から5月にかけてと遅咲きです

ソメイヨシノとは異なり、葉の展開と開花は同時期となります。葉の裏面に若干の光沢(照り)があり、それが、他のヤマザクラとは異なる特徴のようです。

さて、見物したカスミザクラは、市指定天然記念物で、樹齢300年以上、目通幹回りが3.6メートルある立派なもの。全国のカスミザクラの中で4番目の大きさだそうです。
きれぎれの風採 「カスミザクラ」1-2

大きく横にはった枝は、東西南北に約20メートル。しかし、雪の重みのせいで折れている箇所もありました。
遅咲きとのことですが、今年の大雪の影響(?)で、ソメイヨシノと一緒に満開でした。葉の展開は遅く、それほど緑はありませんね。
きれぎれの風採 「カスミザクラ」1-3

きれぎれの風採 「カスミザクラ」1-4

枝枝にまとまった花の塊りを形作ったり、細々と花を散らしたりと、様々な花の付け方をしていました。
きれぎれの風採 「カスミザクラ」1-5

この1本桜に見物客は、2組~3組ですが絶え間なく訪れていました。見頃には県外からの見物客もあるそうです。
元々は小学校のシンボルツリー。学校は閉鎖されましたが、これからも地域のシンボルツリーとして、数十年、数百年と楽しませてほしいものです。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や樹木・草花などについて綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これです。

おはようございます。

リンクありがとうございました。
これです。当方が書き込んだ桜。
山間の過疎地で静かにふもとの
集落を見守る桜。通ってくる子
供たちを出迎え、見送る桜でも
あります。良いですよねぇ。


| 地理佐渡.. | 2015/12/20 06:13 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

ここでは、開花の時季になれば、子供たちは
桜を見上げながら坂を上ってくることになりますね。
卒業生にとっては印象深い桜なのでしょう。
集落の方たちにもランドマークでしょうね。

| 山ぼうし | 2015/12/21 00:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/71-1f65967e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT