FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オミナエシ ~黄色の散房花序

〔武蔵丘陵森林公園にて〕野草コースの草原のエリアには、黄色の小花をつけたオミナエシも見ることができました。昔から名前は知っていましたが、未だ間近で見たことがありませんでした。取り上げるのも今回が初めてです。〈散歩日:9月12日〉

オミナエシ(女郎花)はオミナエシ科オミナエシ属の多年草で、秋の七草の一つです。北海道から九州、中国やシベリアに分布します(ワレモコウと同じ分布?)。

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は1メートル前後になり、直立した茎の上部で分枝し散房花序を出す
・葉は対生し、羽状に裂ける
・柄のある花が複数つき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる
 黄色で径4ミリほどの1つ1つの花は合弁花で、先は5つに裂ける
・果実は長さ3ミリほどの長楕円形で、そう果(熟しても裂開せず、種子は1つで
 全体が種子のように見えるもの)

1~2.花の特徴は黄色の花色と、上部が平らになる散房花序の姿だと思います
3.5裂する花が多数で、花柄も黄色を帯びますので花序全体としても黄色
4.蕾になるまでの生長の様子は珊瑚を思い浮かべました
5.草地は藪のようになっており、全体を撮れるモデルはありません
「1」「2」「3」「4」「5」
「オミナエシ ~黄色の散房花序」


6.葉の様子です。複葉のように見えますが、一枚の葉に深い切れ込みです
  他にアップの画があったのですが見事にボケていました。これはトリミングで
きれぎれの風彩 「オミナエシ」1-6


名前の「オミナ」は女性の意味で、「エシ」は元々「メシ」で花が粟粒のように見えるのが女の飯であるという説もありますがハッキリしません。
また、「女郎花」の充て字が可哀そうと思ったのですが、名前を充てた平安の頃は、貴族の令嬢や貴婦人の敬称が「女郎」だったことが由来ともされているそうです。

調べていると、オミナエシは減り続けているとの記載が見られ、気になりました。
草地は元々、材や肥料として利用するため、人が草刈りや火入れなどによって管理し、良好な生育環境が維持されていましたが、ライフスタイルの変化で、草地はその価値を失い放置されるようになりました。また、開発などで草地自体が無くなったりしたことなどが主な減少の理由のようです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広い公園で、林が切れて開けた場所に繋がる辺り。オミナオシの繁みを見つけるとぱっと明るくて目を惹きます。人に愛される花ですね。
だけど撮影はなかなかむずかしい。少し色飛びさせないと輝かしさが出ない。でも、そうすると細部がわからなくなる。散形花序で、全体にフォーカスを当てるのはむずかしい。絞ると背景がごちゃごちゃする。
秋になると、ぼくの悩みの種です。

| ディック | 2015/09/23 15:08 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

オミナエシは2~3本でも目立ちますから、群生があったらさぞや明るい雰囲気になるのでしょうね。
本種や次回のオトコエシは、画に関してなすがままの私ですが困ったものだと思いました。

| 山ぼうし | 2015/09/23 22:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/711-620bd478

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT