きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トチカガミ ~ツヤのある円い浮葉

〈武蔵丘陵森林公園、水生植物の池にて。散歩日:9月12日〉

トチカガミ(とち鏡)はトチカガミ科トチカガミ属で多年草の浮葉植物(浮遊植物)。本州~沖縄や東南アジア、遠く離れたオーストラリアに分布します。準絶滅危惧。

〔Webで確認した特徴〕
・水中で匍匐茎が横に伸び、各節から根、葉、花が展開する
葉は円形(心形)で、径2~7センチ。葉柄も様々、20センチ位まで
 表面にはツヤがあり、裏面には浮き袋がつく
・花は水上に花茎を立て、長さ1センチほどの白い3弁花をつける。一日花
・雌雄異株 / 雌雄同株で、雌雄異花 (2種類の記載あり)

1~2.ツヤツヤした円い葉です。(検索して見た葉はもっと緑が濃かったです)
水面に浮葉を広げますが、浮葉が混み合ってくると立ち上げた葉が出てくるそうです。また、立ち上がった葉では浮き袋が退化し不明瞭になっているとか。
(浮き袋のことを知らなかったので、画がありません)
きれぎれの風彩 「トチカガミ」1-1

きれぎれの風彩 「トチカガミ」1-2


3~4.花弁は白色ですが、少し透明感があります。触れると柔らかかったです。
実際に見ているときは、雌雄異花と知らなかったこともあり、漠然と皆同じと思って見ていました。(注意が足りません)
きれぎれの風彩 「トチカガミ」1-3

きれぎれの風彩 「トチカガミ」1-4


雄花は12個の雄しべあり、花柄は細い。(上の花は全部雄花のようです)
雌花は6個の仮雄しべと6個の雌しべがあり、花柄は雄花よりもはるかに太い。

何でも、花茎の下方の水中にある苞鞘の中に雌花は1~2個しか蕾を持たず、雄花は苞鞘の中に蕾が5個入っているので雌花より多いそうです。
今回は、浮き袋も雌花も確認していません。残念です。(次回に・・・たぶん)

トチカガミの「とち(漢字は難しい)」はスッポンのことを指し、ツヤのある丸い葉を「スッポンの鏡」に見立てたのが名前の由来のようです。でも、何故スッポンなのでしょう?スッポンの方が稀ではないかと思うのですが・・・不思議。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめてみます

おはようございます。

トチカガミ。名も初めてですし、花ももちろんです。
水辺の花にはなかなか美形のものが多いですが、この
花もなかなか清楚でよいですねぇ。やはりマクロレン
ズなどその姿を大きく捉えると良いですね。

さて、今朝の越後は快晴です。


| 地理佐渡... | 2015/09/30 07:00 | URL | ≫ EDIT

オニバスにヒシにトチカガミと続きましたか…。
ときどき書いてますが、広い池が近くにないので、水生植物をほとんど見る機会がなく、こちらの記事は「へぇー、そうなのか…」と興味深く拝見しています。
しかし、水生植物って近くで詳細に観察したくても、まさか水に入るわけにはいかないし、岸の近くに咲いてくれるのでないと、観察もなかなか困難ですね。

| ディック | 2015/09/30 17:43 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

あ~そうそう“清楚”です~。
形容の仕方が分からずいつも困ります。
コンデジですが、けっこうマクロで撮れました~。

| 山ぼうし | 2015/09/30 23:26 | URL |

ディックさん こんばんは

少しだけ分かってきたのは、水生植物の管理って難しいんだな~ということと、植物自身も環境変化があって当たり前という前提のようで・・・けなげです。

なるほど!ココが一見味気ないプールのような池にしている理由は、水際での観察のし易さですね!流石ですね~。

| 山ぼうし | 2015/09/30 23:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/716-2e03658c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT