きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セイバンモロコシ ~ヒメモロコシの花穂

イネ科っぽい草本の中には、私にとって“名前は知らないけど見たことある種”がいくつかあります。丸山公園(上尾市)の小川沿いの西側を散歩している時にも、そんな草本があり、赤く色付いた花序に目を留めました。〈散歩日:10月12日〉

セイバンモロコシ(西潘蜀黍?)はイネ科モロコシ属の多年草で外来種です。ヨーロッパ地中海地域原産で、1945年頃に関東地方に渡来し、その後本州東北以南~沖縄の各地に広がっています。(昭和に入ってからの帰化とは、新しいように思います)

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は0.5~2メートル。地下の根茎を横に伸ばす
葉は細長く、主脈(中肋:ちゅうろく)が目立ち、両面とも平滑で無毛。縁はざらつく。葉舌には縁毛がある。葉鞘は平滑で無毛
・花序は長さ10~50センチの円錐花序。長さ4~6ミリの小穂が密につき、小穂は芒のない有梗(有柄)の雄性小穂2個又は1個と、大きくて芒のある無梗の両性小穂1個が対になっている(...難しい)。花期は夏から秋

調べてみて、初めて「セイバンモロコシ」という名前を知りました。
さらに、本種の芒がない品種をヒメモロコシ(別名:ノギナシセイバンモロコシ)」というそうです。私が見たのはヒメモロコシのタイプでした。

1.夏から花が咲くようですが、穂の色や姿は秋が似合いそうです
きれぎれの風彩 「セイバンモロコシ」1-1


2~4.これまでは、少し遠目から赤い花穂を見ていたようで、こんなに間近で見るのは初めてです。小穂の構造は難しいです。シベはブラシ状が雌しべで、オレンジ~黄色に見えるのは花糸の先についた雄しべの葯だと思われます。
5~6.ススキに似ている葉です。赤みをおびているのは秋になったから?
「2」「3」「4」「5」「6」
「セイバンモロコシ ~ヒメモロコシの花穂」


モロコシ属という属名も今回初めてです。モロコシといえばトウモロコシを想い出しますのでトウモロコシも同じ属なのかと思いましたが、トウモロコシはトウモロコシ属で異なりました。(葉が似ているススキもススキ属なので違います。)


ついでに、モロコシ属のことも調べてみました。
モロコシ属の多くの種は、穀物や飼料として利用されており、代表的な「モロコシ」は、世界の生産量では小麦、イネ、トウモロコシ、大麦についで5番目に多く栽培されているとのこと。さらに、日本でも飼料として使われ、アメリカから大量に輸入されているようです。
日本ではほとんど生産されていないので、見る機会はないかもしれませんが、それだけ世界的に利用されている植物なので、一度は見てみたいものです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 17:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この植物は見たことはあると思いますが、ここまで
調べたことはありません。
外来種はどれも繁殖力が強いです。
日本古来の植物が淘汰されないか心配です。

| 山小屋 | 2015/10/26 07:01 | URL | ≫ EDIT

モロコシ

おはようございます。

日本ではとうもろこしと勘違いしそうですよねぇ。
佐渡南部にいました時はよくキビを見ました。
コウリャンとか日本人にはあまりなれぬ作物は
色々あるようですよね。その仲間(ただし野生種)
なのでしょうねぇ。


| 地理佐渡... | 2015/10/27 07:04 | URL | ≫ EDIT

根岸森林公園で数年くらい前に見かけて、「これは何?」という記事を書いて教えていただいたのは確か「セイバンモロコシ」ではなかったか…、と調べましたが、コメント欄に書かれたものは「ブログ内検索」で引っ掛からず、確認できません。
この記事で思い出したので、今後また注意深く観察しよう、と思います。

| ディック | 2015/10/28 16:17 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。
「セイバンモロコシ」も初めて知りました。どこかで見たことがあるような気がしますが、すすきににているからかしら。

| ringo | 2015/10/29 09:04 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

イネ科の同定は難しいですね。調べてみようとは思っているのですが、なかなか先に進みません。

| 多摩NTの住人 | 2015/10/30 08:00 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

本種に限らず、環境に合った外来種の拡がりは早いのでしょうね。
競合するのは?ススキでしょうか。

| 山ぼうし | 2015/11/01 21:33 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

キビですか~、吉備団子のキビでしょうか。
みても分からないですね。
そういえば、アワもヒエもどれがどれだか・・・。

| 山ぼうし | 2015/11/01 21:33 | URL |

ディックさん こんばんは

あ~そうか~、コメント欄は検索できないのですね。
後々必要と思った時は、本文に追記することにします。

| 山ぼうし | 2015/11/01 21:33 | URL |

ringoさん こんばんは

こんばんは~。葉はススキに似ていますね。
今回は黄色の葯が見えたので気になりましたが、
無ければスルーしていたことでしょう。

| 山ぼうし | 2015/11/01 21:34 | URL |

多摩NTさん こんばんは

Wikiでは「イネ科は、おおよそ700属と8000種が属する」と
記されています。似たような種も多いでしょうね。

| 山ぼうし | 2015/11/01 21:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/727-2d88117e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT