きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

光照寺のコウヤマキ〔巨樹〕

前回の多気比売神社の大シイを見た後は、同じ赤堀川周辺の説明に記されていた「光照寺のコウヤマキ」を見に行きました。〈散歩日:12月12日〉

コウヤマキは、マキとはいうもののマキ科の植物ではなく、スギ科の植物で、日本特産の常緑針葉樹である。また、葉は、二枚の葉が側面で融合して一枚になっている特殊な構造を持っている。九州・四国・紀伊半島に自生し、特に和歌山の高野山に多いので、その名がつけられたものである。(寺の案内板より)

光照寺のコウヤマキ(県指定天然記念物:埼玉県桶川市)
 ・幹まわり 3.8メートル
 ・根まわり 5.8メートル
 ・樹 高 20メートル
 ・樹 齢 約500年
 幹は、地上3メートルで三幹に分枝しているが、落雷によりその一枝が枯れたため、この枝を切断し亜鉛板でおおってある。
(S51/12/1 案内板より)

1.お寺の駐車場に車を止め、境内の方を眺めましたが、それほど大きな樹木は見当たりません。山門をくぐった左側に樹木があるように見えますが、
2.右側に説明板と天然記念物としての石碑があります。この後の樹木でした
3.コウヤマキの様子です。スマートな立ちあがり部分です。しかし
4.上部は枯れてきています
5.裏側から見ると、切断した枝を覆っている亜鉛板が見られました
「1」「2」「3」「4」「5」
「光照寺のコウヤマキ〔巨樹〕」

残念ですが、葉が残っている枝は少なく、多くは枯れてしまったようです。樹高も今では低くなっているでしょう。光照寺のコウヤマキで画像を検索してみると、2010年3月の時点では、さらに枝が上にのびている状態が確認できました。

桶川市観光協会のWebサイトには、「コウヤマキは温暖な地に自生するスギ科の常緑高木で、県内では極めて珍しく貴重とされています。」と紹介されています。


ちょっと気になった、同寺の山門前のイチョウ。伐る前は相当な高さがあったと思いますが、今の樹形は何とも表現し難い特異な感じです。
きれぎれの風彩 「コウヤマキ~光照寺」3-6



オマケに赤堀川沿いの「篠津(しのつ)の桜堤」です。長閑な散歩道で、春には「篠津さくらまつり」が行われるそうです。
きれぎれの風彩 「篠津の桜堤」


スポンサーサイト

| 針葉樹 | 13:22 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こうして拝見していると、正常な状態の大きなコウヤマキを見てみたい、と思いますね。
残念ですが、仕方ありません。

| ディック | 2015/12/27 19:56 | URL | ≫ EDIT

良い木です。

こんばんは。

高野槙は佐渡でも見ます。とにかくこの木は
気になりますねぇ。佐渡では長谷寺とか蓮華
峰寺などで良い雰囲気を出していますよ。
我が家にも欲しいなんて贅沢ですねぇ。


| 地理佐渡.. | 2015/12/27 20:45 | URL | ≫ EDIT

コウヤマキは家囲いなどにも使われています。
昔はボウフウなどのためにも使われたようです。
我が家にもイチョウがありますが、葉っぱが落ちると
掃除がたいへんなので、紅葉する前に枝を切っています。
それでも春になるとまた枝を伸ばしてきます。

| 山小屋 | 2015/12/28 07:03 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

見たいですね~、巨樹が隆盛だったころ。
それに、戦国時代からのことを聞いてみたいものです。

| 山ぼうし | 2015/12/29 00:27 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

巨樹とまでならないまでも、コウヤマキは世界三大庭園樹のひとつと言われるくらい、樹形が整ってキレイなのでしょうね。

| 山ぼうし | 2015/12/29 00:27 | URL |

山小屋さん こんばんは

コウヤマキは用途のある樹木で、人の生活にも密着していたのですか~。
イチョウは枝を伐るのが当たり前なのですね。

| 山ぼうし | 2015/12/29 00:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/745-39c2e94a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT