きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツルマサキ ~枝のような・・・〔ツル植物〕

この時季、落葉樹を這い上がるツル植物でキヅタはよく見かけますが、北本自然観察公園の園路に近い所で見たツル植物は、葉がまったく異なり初めて見るものでした。
名前を調べるのが大変かと思い、この時は園内にある埼玉県学習センターで図鑑を見、結局は職員の方に相談して「ツルマサキ」と分かりました〈散歩日:2月11日〉

ツルマサキ(蔓柾)は、ニシキギ科ニシキギ属の常緑ツル性木本です。
〔センターにあった図鑑によると〕
茎は気根を出して這い上がり、葉は対生で無毛で厚く、長さ2~4センチ、幅1~3センチ、低い鋸歯あり。小枝の節に根がある(テイカカズラの小枝には根が無い)。

1.地面から樹に這い上がる根元の部分です
2~3.葉の形は、楕円形、長楕円形、ときに円形とのこと。低鋸歯あり
4.キヅタも混じっていますが、劣勢です
5.地上を這い、グランドカバーのようになっているところです
「1」「2」「3」「4」「5」
「ツルマサキ ~枝のような・・・(1)」


6~10.周辺では、4~5本の樹にツルマサキが上っていました。樹の上の方を見ると、ツルが枝のように横にピンピン伸びています。このようなツルをこれまで見たことがない(と思います)ので、これもツルかと驚きました
(10は9をトリミングしたものです)
「6」「7」「8」「9」「10」
「ツルマサキ ~枝のような・・・(2)」


最初、職員の方に聞くときに2や3の画を見せていました。職員の方によると、ツルマサキとテイカカズラの幼い葉や地上を這う葉はとても似ているそうで、図鑑を何冊も出して調べることになってしまいました。結局、「正確には小枝の節の根を見て判断してください」ということになりました。

しかし、その後に樹の上のツルも見せたところ「拡大できます?」といわれ、10のように画をズームしたところ「これはツルマサキです」と即答でした。(最初から樹の上の画を見せていれば良かったかもしれません。)

ただ、花の時期なら私でも簡単に区別できそうです。Webでツルマサキの花を見ましたが、ニシキギの花に似ていました。ニシキギの仲間の花は似ているようです。
テイカカズラの花は見たことがありプロペラ状で全く異なります。なおテイカカズラはキョウチクトウ科で、ニシキギの仲間ではありません。
スポンサーサイト

| 他の木元 | 20:40 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ツルマサキ

こんばんは。

見ているのかもしれないけど、
名は初めて聞くし、こちらに
もあるのかなと、素朴に感じ
るばかりです。

現在こちらはまだ雪が融けき
らず、昨晩の雪でまた少し春
が遠のきました。晴天がやは
り恋しいですねぇ。


| 地理佐渡.. | 2016/02/16 21:27 | URL | ≫ EDIT

ツル植物

どんな環境に置かれてものびのび上に上に伸びてゆくのでしょうか?
見事です。

| ころん | 2016/02/17 10:11 | URL |

山歩きをしていてよく見かけます。
時々、木の幹を這いあがっていますが、こんなに
大きくなっているのは珍しいと思います。
葉脈がきれいなので、よく目立つ植物です。

| 山小屋 | 2016/02/19 07:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ツルマサキは初めて知る名前です。ニシキギの仲間なんですね。果実が見えませんが雌雄があるのでしょうか。

| 多摩NTの住人 | 2016/02/19 08:04 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

分布的にはあるようですが、
なにしろ私も初めてなので・・・。
天候は不順ですね~。今夜は雨か。

| 山ぼうし | 2016/02/20 19:33 | URL |

ころんさん こんばんは

ツル植物が生き残るためには上に行くしかないのでしょうね。
落葉樹に寄り添うので冬でも光合成ができるし、エライものです。

| 山ぼうし | 2016/02/20 19:33 | URL |

山小屋さん こんばんは

珍しい大きさなのですか~。
ならばよけいに、これからも時々見ようと思います。

| 山ぼうし | 2016/02/20 19:34 | URL |

多摩NTさん こんばんは

雌雄のことを明確に記しているサイトが少ないです。
林野庁東北森林管理局では雌雄同株としていました。
果実はマサキに似ているようです。鳥さんかな?

| 山ぼうし | 2016/02/20 19:34 | URL |

テイカカズラは亡父が生垣にしていて、ずいぶんと苦労させられたのでよく知っております。2と3の写真を見ても、ぼくにはテイカカズラには見えません。
それはともかく、蔓性の植物にはまだまだわからないものがたくさんありますが、6〜10のような感じになるものは、まだ見たことがありません。
迫力がありますね。よい機会なので、名前を憶えておきます。

| ディック | 2016/02/24 21:52 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

ツルなのに、這い上がることなく空中に枝のように茎を斜上させる姿は私も初めてで、ここの数株の樹は、常緑のような雰囲気を見せていました。花や果実も見たいものです。

| 山ぼうし | 2016/02/25 00:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/760-a07e5eb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT