きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムサシアブミ ~仏炎苞(花)

北本自然観察公園で昨年の8月にムサシアブミを見つけ、その後の果実を観察しましたが、今年はついにムサシアブミの花を見ることができました。〈散歩日:4月9日〉

ムサシアブミ(武蔵鐙)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草です。
花はサトイモ科の特徴である肉穂花序と仏炎苞を持ちます。
(葉や果実などの特徴は昨年の日記を参照)

1.昨年と同じ場所(林床・斜面)で、大小の花を並べていました
きれぎれの風彩 「ムサシアブミ」2-1


2~3.葉柄の間から花茎がでます。葉に比べるとかなり下で咲きます
  2つの仏炎苞が何故か背中合わせで反対方向を向いています
4~5.仏炎苞は白地に縞(筋)が入っているように見えます。下の方は暗紫色で途中から淡緑色になり、横に膨らみながら縦縞の幅も広くなります。仏炎苞の蓋の部分(舷部)は袋状に巻きこみ、その辺りから黒褐色です
「2」「3」「4」「5」
「ムサシアブミ ~仏炎苞(花)」


外から見えない肉穂花序は白色で棍棒状のようです。
ムサシアブミは雌雄異株ですが、「株が小さいうちは雄性、株が大きくなると雌性の花を咲かせる」とか「栄養状態がよいと雄性から雌性に性転換する」といった記載がありました。今年も大きい花の方に実をつけるのでしょう。

名前は、仏炎苞の形が昔の武蔵国で作った鎧(騎乗時に足を掛ける馬具)の形に似ていることが由来です。(ただし、仏炎苞の向きを変えて想像する必要があります)
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 19:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ムサシアブミ、葉っぱの下に花を咲かせるのが特徴ですね。
大きな仏縁苞もよく目立ちます。

| 山小屋 | 2016/04/24 07:58 | URL | ≫ EDIT

へぇー、なるほど、仏炎苞が鎌倉時代の蔵からぶら下がっていた鐙くたいなかたちをしているから、武蔵鐙なのですね。
これなら見つけた場合、他の仲間たちと混同する心配はなさそうです。

| ディック | 2016/04/24 20:46 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

ここは、斜面の途中にある本種を下から見るような位置になるので、横からは見やすいです。
葉も仏炎苞も大きいですね。

| 山ぼうし | 2016/04/25 22:47 | URL |

ディックさん こんばんは

どこかのサイトで「南方系の植物なのに、武蔵って!?」と突っ込んでいました。まぁ、確かにと。でも似ていますね。
マムシグサとか○○テンナンショウとかまだ見ていない仲間もあります。

| 山ぼうし | 2016/04/25 22:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/786-b3eb7002

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT