きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒロハテンナンショウ ~葉は1枚、黄緑の仏炎苞

月初(GW)の連休を使って新潟の実家に帰省してきました。今回からは、帰省時の山散歩から取り上げていきます。道の駅から吊り橋を渡って山に上る遊歩道です。先ずは、初めて観察できたヒロハテンナンショウです。〈散歩日:5月4日〉

ヒロハテンナンショウ(広葉天南星)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、北海道(南西部)、本州(日本海側)、九州(北部)に分布します。

〔Webで確認した特徴〕
・草丈は50~70センチになる
葉は1枚で、5~7枚の小葉が鳥足状又はやや掌状につく。柄はほぼ無く全縁
・偽茎=葉柄(?)、マムシグサのような模様はない
・仏炎苞は黄緑色から緑色で、明瞭に隆起する白い縦筋がある。

1~2.2株が並んでいました。「主にブナ林に生える」という記載がありましたが、ここはスギ林です。仏炎苞は葉よりも下についています
3~4.仏炎苞はキレイな色をしています。隆起する白い筋も確認できます
「1」「2」「3」「4」
「ヒロハテンナンショウ ~葉は1枚、黄緑の仏炎苞」


5.数日前にマムシグサを見たばかりなので、仏炎苞を見てマムシ(?)と思いましたが、偽茎の模様はもちろん、葉の様子は全く異なります。葉は1枚で小葉の幅が広く、柄はほとんどありません
きれぎれの風彩 「ヒロハテンナンショウ」1-5


日本海側に分布するということで、家の埼玉の方では見ることができないので、今回見ることができて運が良かったです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

・仏炎苞

葉の展開はじめてみます。
綺麗な筋・・綺麗な色してますね。
・仏炎苞は住友林業の森(愛媛時代)に良く見ました。

| ころん | 2016/05/17 18:56 | URL |

ころんさん こんばんは

本種の分布からすると、愛媛では見られないかもしれませんね。
大きな傘のような葉でした。この仏炎苞はキレイですよね。

| 山ぼうし | 2016/05/17 23:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/802-83b1e99a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT