きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タチシオデ ~黄緑で球形の花序

GW帰省時の山散歩からです。数日前、越生町の大クスの近くでも似たような花を見かけていました。どうやって調べようかと思っていたのですが、先日、図書館に行った時にポケット図鑑をパラパラ見ていたら・・・ありました。〈散歩日:5月4日〉

タチシオデ(立牛尾菜)はサルトリイバラ科サルトリイバラ属(orシオデ科シオデ属)の多年草で、本州~九州に分布します。雌雄異種。

〔Webで確認した特徴〕
茎は直立するが、生長すると葉腋から伸びるツルで、他に絡みつき這い上がる
 (ツルは、葉柄の基部の2個の托葉が巻ひげに変化するとの記載あり)
・葉は互生し、葉先が三角形状の卵状長楕円形。葉の裏面は白みを帯びる
・花期は5~6月。葉腋に長い花柄を持つ球状の花序をつける。細長い花被片は6枚で、径7~8ミリ。雄花の雄しべは6本。雌花は密集し、柱頭が3つに分かれる

1.分かり難いのですが、中央にスクっと直立しています。細いので危うい感じ
  ツルで伸びていくと、高さは1~2メートルになるとの記載もありました
きれぎれの風彩 「タチシオデ」1-1


2.下の方の葉や花序の様子です。ツルはほぼ無いです
3.葉は縁が波打ち、葉脈は5本がクッキリ。ツルは上部の方が伸びています
4.この株は雄株でした。特徴のある花序です
5~6.こちらは4月30日の越生町の大クス周辺。花序が目にとまりました
「2」「3」「4」「5」「6」
「タチシオデ ~黄緑で球形の花序」


似ているという「シオデ」は、直立もそこそこにすぐに他のものに絡みつき、花期は7月、花披片は反り返るとのこと。散歩日からも本種はタチシオデでしょう。また、太平洋側には葉の細い「ホソバタチシオデ」というのもあるようです。

タチシオデもシオデも若芽がアスパラガスのような味で、山菜として食べられるそうですが、食した記憶はありません(?)。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

山のアスパラガス

おはようございます。

是非食べてみてください。
写真のようになってはもう固くてだめです。
アスパラガスのように、まだ葉のそんなに
出ていない頃のものが柔らかくて収穫時で
す。さっとゆでてマヨネーズなどで。
山のアスパラガスの名がふさわしいと分か
ります。僕は毎年少量ながら採取してきて
は楽しんでいます。

| 地理佐渡.. | 2016/05/18 06:53 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

シオデは見たことがありますが、タチシオデは初耳でした。シオデの花期よりずいぶん早いんですね。

| 多摩NTの住人 | 2016/05/18 08:23 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

“山のアスパラガス”、食べてみたいですね。でも、若葉の頃を見て、それと分かるかな~?さらに、そうはいっても量は、そこそこないと・・・、採れるかな~と。

| 山ぼうし | 2016/05/18 22:19 | URL |

多摩NTさん こんばんは

本種を見ることができましたので、シオデも見てみたいです。
花期が異なるので夏ごろに花が見られれば・・・ですね。

| 山ぼうし | 2016/05/18 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/803-1cea13df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT