きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アリドオシ ~白い漏斗型の花

花と緑の振興センターから。縁起木がまとまっている一画(目立たない場所)に、アリドオシに白い花が咲いていました。果実のイメージが強かったため、一見して「花も咲くんだ」などと当たり前のことに納得してました。〈散歩日:5月7日〉

アリドオシ(蟻通し)は、アカネ科アリドオシ属の常緑低木です。日本では、関東地方以西に分布します。冬に果実が赤く熟すことから縁起植物とされ、別名は一両(イチリョウ)。細長い棘が多数あることも特徴です。
果実や葉の様子は、初めて見た2014年2月に取り上げました。

〔Webで確認した花の特徴〕
・花期は4~5月頃
葉腋に漏斗型(ラッパ型)の白い花をつけます。通常は2個ずつ咲かせます
・花冠は、長さ1センチほどで先が4裂し、内側には軟毛が密生します
・雄しべは4本、雌しべの柱頭は4裂、花柱の長さは長柱花と短柱花の2タイプあり

葉腋に2個の花です。小さいこともありますが、厚みのある花冠です
きれぎれの風彩 「アリドオシ」2-1


何故か葉が落ちている枝もあります(枯れている?)。でも、花はついていました
きれぎれの風彩 「アリドオシ」2-2


通常、葉は緑色とのこと。この樹は班入り園芸種が混じっているのかもしれません
きれぎれの風彩 「アリドオシ」2-3


細く長い棘も対生(?)します。花も葉も棘も2対。棘の付く葉は大きく、付かない葉は小さいという記載もありました
きれぎれの風彩 「アリドオシ」2-4


アリドオシと同じように、カラタチバナやマンリョウなど他の縁起木についても、花を見ていないことに気づかされました。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

アリドオシの花は見た記憶がありません。今頃咲くんですね。結構鋭いトゲですね。

| 多摩NTの住人 | 2016/05/26 08:16 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

縁起木とはいうものの、このトゲでは身近に植えようとしないのかもしれませんね。目にすることも少ないのかな~と思います。

| 山ぼうし | 2016/05/26 23:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/810-1f38133e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT