きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アジュガ、シラー、シナミザクラ、ロウバイ

花と緑の振興センターの樹見散歩から。今回も初めて見る種や果実です。詳しく調べていませんが、4種取り上げます。〈散歩日:5月7日〉

アジュガはシソ科キランソウ属です。名前が何を指すのか分かりにくいのですが、セイヨウキランソウから作られた園芸品種の総称でしょうか。日本のジュウニヒトエも学名ではAjyugaがつきアジュガの仲間です。

シラー・ペルビアナ(和名:オオツルボ)は、ツルボ属(シラー属orスキラ属とも)の多年草。明治中期に観賞用として渡来したそうです。

1~3.アジュガ:初めて見たのですが、花の終わりかけのようです。キランソウと違って、茎は直立していますが、花はとても似ています
4~5.シラー:大きな花序で驚きました。濃青紫色の花被片は6枚で、雄しべも小さな花弁のようです。蕾は色がさらに濃く、黄緑色の細長い何かが・・・
「1」「2」「3」「4」「5」
「アジュガ、シラー・ベルビアナ」


シナミザクラ(支那実桜)はバラ科サクラ属で桜の一種。
名札には「暖地桜桃(だんちおうとう)」とも。別名、カラミザクラ(辛味ではなく、唐実)。食用にもなりますが、日本のサクランボはセイヨウミザクラの改良とか。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)はロウバイ科ロウバイ属。花被片全体が黄色になります。長さ3センチほどの偽果は独特の形になり、中にはそう果が入っています。

6~8.シナミザクラ:食用のサクランボよりも一回り小さい果実がたくさんついていました。できることなら食べてみたかったです
9~10.ロウバイ果実:面白い形です。先につく雌しべ(?)の部分が、コウイカの足というか、エイリアン的というか、いずれにしても変わってます
「6」「7」「8」「9」「10」
「シナミザクラとソシンロウバイの果実」

スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アジュガ

おはようございます。

姿は違いますが、花はキランソウそっくり。
面白いですね。シナミザクラ。確かにサク
ランボ。一つ口に入れてみたいですね。

| 地理佐渡.. | 2016/05/28 07:13 | URL | ≫ EDIT

あーれー! こちらどんどん更新が進んで、私は取り残されているんですね。
いくつかコメントを。
シラー・ベルビアナは上手に咲かせるととても見映えがしますが、倒さないように咲かせるのはとてもむずかしいと感じます。時ならぬ風と雨が大敵。
ソシンロウバイですが、へぇ〜! おもしろい実ですねぇ。
6月5日頃まで忙しいのですが、それからでも実なら間に合うかな?

| ディック | 2016/05/28 21:03 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんにちは

十二単もアジュガも見たことがなかったので
キランソウが直立???と。
来年は、アジュガと十二単も花のピークに見たいものです。

| 山ぼうし | 2016/05/31 12:38 | URL |

ディックさん こんにちは

GW前後の散歩で初見のものが多く、取り上げないとお蔵入りしそうなのでいつになく頑張っています。
ロウバイの果実は、追って見ていきたいと思いました。

| 山ぼうし | 2016/05/31 12:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/812-a079f795

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT