きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マユミ ~小さな花とハエ(蝿)

マ北本自然観察公園でマユミの花を数か所で見ました。マユミの花はこれまでにも見ていますし、ブログで取り上げたこともあります。ただ、今回は見慣れぬ様子に驚きましたので記録しておきます。〈散歩日:5月15日〉

マユミ(檀、真弓、檀弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木(小高木)です。
秋に熟す果実および赤い種子は目立ちますが、花はあまり目立ちません。

その目立たない花ですが、タイミングが良かったのか花序にはたくさんの花が付いている様子が見られました。園路に落ちている白い花弁も多かったです。
きれぎれの風彩 「マユミ」3-1


集散花序をだし、白色(緑白色)の小さな花を数個つけます。花の径は約1センチ、花弁は4枚で雄しべは4本。ここのは(↓画は)、雌しべが短く、雄しべが長い雄花タイプのようです。
きれぎれの風彩 「マユミ」3-2


さて、驚いたのは、ブンブン飛びまわるハエ(及びアブ?)の多さです。ほぼ日陰になるところでは、それほど感じない程度の数でしたが、
きれぎれの風彩 「マユミ」3-3


日当たりの良い所にある花は、ピークを過ぎているにもかかわらず、多くのハエの類が飛んでいました。葉の上で休んでいるのもいます。
(たくさん飛んでいたのですが、そのような画を紹介できず残念)
きれぎれの風彩 「マユミ」3-4


何故マユミの花にハエが多いのか調べてみると、「マユミは花盤を持つ虫媒花で、ハエやアブの仲間が蜜を吸いやすい形態を持つ。」との記載がありました。なるほど~と言いたいところですが「花盤」が分かりません。さらに調べたところによると、

花柄の先で、花を支える部分を花托(かたく)といい、花盤(かばん)は、花托の一部が大きくなって突き出したものを指すそうです。・・・花の中心が盛り上がっている部分だと思います。この形態だとチョウのようにストロー状の口がなくとも、吸密ができる・・・というふうに解釈しました。

人には人気がないマユミの花ですが、ハエには大人気でした。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

虫を集める花

おはようございます。

蝶を集めるのかと思いましたが、
ハエやアブですか。面白いものです。
いずれにせよ、どのような昆虫を
使うにせよ、結果が同じでしたら
良いのですものね。

さて、地理佐渡は記事更新再開し
ました。


| 地理佐渡.. | 2016/05/31 06:42 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
まゆみって、見たことあるような、ないような。
ハエも花の蜜を吸うのですか。
ハエは汚いという先入観があるので、花と合わない気がします。
可愛いお花がかわいそうに思われます。

| ringo | 2016/05/31 15:22 | URL |

5月15日…、スキップとの散歩の通り道なので、注意していたつもりだけれど、ありゃー、見逃してしまったかな…。過去、それほど虫が多いという印象はありませんでしたが、まあ、根岸森林公園はもともと虫が少ないところですから…。

| ディック | 2016/05/31 21:20 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんにちは

私もハエがたかる(?)花は初めてです。花の形だけでなく、周りの環境とかもあるでしょうけど、虫媒花にとっては目的が達せられますね。

| 山ぼうし | 2016/06/03 12:07 | URL |

ringoさん こんにちは

人の生活に近いハエやゴキブリって、そうはいっても最も誰もが知っている虫かもしれませんね。
なので、それらをまったく別の環境でみると驚きます。まぁ、人主体の見方ですけどね。マユミさんにとってはウェルカムでしょうから問題なし!ということにしておきましょう。

| 山ぼうし | 2016/06/03 12:09 | URL |

ディックさん こんにちは

これまで、私も(それほど見ているわけではありませんが)気づきませんでした。この日の気温とか天気とかとかが合ったのでしょうかね。
でも、普段見ないハエはどこから飛んできたのだろう???

| 山ぼうし | 2016/06/03 12:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/814-6e4537c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT