きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユリノキ ~出葉(展葉)と托葉

高木のユリノキですが、平塚公園では、手が届くほどの位置にも枝があり、可愛い幼い葉を見ていると葉の出る様子が確認できました。〈散歩日:5月22日、29日〉

ユリノキは、モクレン科ユリノキ属の落葉高木です。特徴的な葉の形から、別名:ハンテンボク(ヤッコダコノキ、グンバイノキとも)。秋の黄葉もキレイです。

1.2枚の托葉の間から、葉が出はじめています(この状態はけっこう探しました)
2.葉身は2つ折りの状態で、葉全体は丸まって収まっていたようです 
3.徐々に葉柄を伸ばしながら、葉も開こうとしています
4.葉柄が真っすぐになる頃には、葉も開いています
5.お兄さん葉に比べると、とても小さいですが、直ぐに追いつくのでしょう
「1」「2」「3」「4」「5」
「ユリノキ ~出葉(展葉)と托葉」


6.下の方にはありませんでしたが、中段から上の枝先には、チューリップ型の花もあれば、花弁が落ち、中から果実が現れているものもありました
きれぎれの風彩 「ユリノキ」3-6


葉が托葉の中で丸まっており、葉身が2つ折りで出てくることには少し驚きました。
ところで、この細長い托葉ですが、これまであまり托葉のことを気にしたことがありませんでした(見ていないのかも?)。そこで、改めて調べてみました


托葉(たくよう)は、葉の基部付近に生じる一対の葉的な器官で、芽生えのときの葉身を保護する役割があるそうです。
托葉は、木本の約40%にあり(草本には20%)、多くは葉身の生長とともに落ちてしまいますが、ユリノキの場合は長く残って光合成も行うのだそうです。

托葉の無い方が多く、早く落ちるのが多いのであれば、あまり見ていないのもうなづけそうです。

そういえば、先月取り上げたタチシオデのツルは托葉が変化したものでした。他にもこのブログで検索してみると、イシミカワは茎を周りに円形の托葉、ヤエムグラは輪生する葉の1対だけが葉であり他は托葉が変形したもの、ハリエンジュは托葉が棘に変化したもの(未見)などがありました。托葉も面白いものです。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今が時期

こんばんは。

ユリの木は以前つとめた見附で
よく見ました。久しく見ていな
いですけど、花だけは十分分か
ります。僕でも(笑)。


| 地理佐渡.. | 2016/06/04 19:59 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

ひとつひとつ独特な木ですよね。
印象深いです。また、秋の翼果の頃に。

| 山ぼうし | 2016/06/04 22:10 | URL |

托葉の件など、植物学の研究がどんどん前進していらっしゃいますね。
低い枝のあるユリノキを観察されたのはうらやましいです。
上野の国立博物館にもユリノキがあり、けっこう低い枝が残されています。
ただ、今年はあの「若冲展」の帰りで、もうくたくたでして…、遠目に1枚 iPhoneで撮影したきりでした。

孫たちは明日千葉へ帰ります。送別の意味を込めて、今晩は孫たちのおもしろい写真記事を書きました。

| ディック | 2016/06/04 23:17 | URL | ≫ EDIT

今年はユリの木の花を見る機会がありませんでした。
新宿御苑には芝生広場に大きなユリの木があります。
冬は近くのイチョウの木と共によい撮影モデルになっています。

| 山小屋 | 2016/06/05 06:38 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ユリノキをご覧になられたのですね。花は手の届く位置では無かったですか。先日、この蜜を味わいましたが、本当に甘くて美味しかったです。

| 多摩NTの住人 | 2016/06/05 16:08 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

最初は花を見てたんですけど、幼い葉が目にとまりまして。低い枝のおかげですね。
托葉はついででしたが、知らないこと多いです。
可愛いお孫さんが帰ってしまうのは、ちょっと寂しいですね~。

| 山ぼうし | 2016/06/06 12:42 | URL |

山小屋さん こんにちは

なるほど~ユリノキの整った樹形はキレイですね。
冬になったら再訪しようと思います。

| 山ぼうし | 2016/06/06 12:43 | URL |

多摩NTさん こんにちは

残念ながら花は上の方に・・・。
でも、手が届いたとしても味わおうとは思わないでしょうね。
甘いのですか~すごいですね~。

| 山ぼうし | 2016/06/06 12:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/817-18388f82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT