きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニガナ ~黄色い5個の舌状花

この種は、これまでにもどこかで見ていると思います。北本自然観察公園では林縁で木漏れ日がさし、キレイに見えました。初めて取り上げます。〈散歩日:5月22日〉

ニガナ(苦菜)は、キク科ニガナ属の多年草で、日本各地の日当たりの良い草地や林縁に生育します。草丈は30~50センチ程です。
食用になり苦いことが名前の由来になっています。

〔Webで確認した特徴〕
・細い茎が上部で枝分かれし、先に径1.5センチ程の黄色い頭花をつける
舌状花は細長く、通常は5個(~7個)
・茎葉は長楕円形で柄がなく、基部は丸く茎を抱く。根生葉は柄があり披針形

1.軟そうな細い茎が直立し、上の方で枝分かれを繰り返し花をつけます
きれぎれの風彩 「ニガナ」1-1


2.黄色い舌状花の先端は浅く5裂してアクセントに。咲き始め(右下)の形も面白いです
きれぎれの風彩 「ニガナ」1-2


3.茎葉は互生し、基部が丸く張り出して茎を抱くのが分かります
きれぎれの風彩 「ニガナ」1-3


4.(↓画は横にしたのではなく)斜面地のせいか?風のせいか?多数の花が(茎の上部が)一様に水平に曲がっていました
きれぎれの風彩 「ニガナ」1-4


3の画のように、一見すると花全体で5本の雄しべがあるように見えます(私は)。しかし、一つの舌状花が一つの花なので、そこに必要なしべがありました。調べてみると、雄しべは「集約雄しべ」といい5個の雄しべの葯が合着して筒状になり、その中から雌しべが伸びて、充分に伸びきったら柱頭が2つに開きます

自家受粉を避けるために葯から離れるまでは、柱頭を閉じているわけです。この小さな一つの舌状花でそんなことが行われていると知り感心しました。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ニガナが群生していると綺麗ですね。花の構造はしっかり調べていませんでしたので、とても勉強になりました。

| 多摩NTの住人 | 2016/06/08 08:35 | URL | ≫ EDIT

白花もありますよね。

おはようございます。

ニガナはちょっとした群落をなすことが
ありますよね。派手さは無いですが、意
外と清楚で写真写りが良い野の草花だと
思います。


| 地理佐渡.. | 2016/06/09 06:30 | URL | ≫ EDIT

雑草化しています。
あまり目に留めない花ですが、高山ではハナニガナが
目を惹きます。

| 山小屋 | 2016/06/09 06:39 | URL | ≫ EDIT

>雄しべは「集約雄しべ」といい5個の雄しべの葯が合着して筒状になり、その中から雌しべが伸びて、充分に伸びきったら柱頭が2つに開きます。
2012年の自分の記事のマクロ写真を見て、納得しました。なるほど!
5月には似たような黄色い花が多いので、ニガナが区別できただけで喜んで、それ以上調べていませんでした。
とても勉強になりました。

| ディック | 2016/06/10 19:14 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

最初「雄しべは5個」とタイプした後、花の構造のことを読んで「アレ!?」っと。理解するのに時間がかかりました。

| 山ぼうし | 2016/06/11 00:21 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

「清楚で、写りが良い」本当ですね~。
細い茎でよく立っています。柄はさらに細い。そして、舌状花は5個しかない。これに比べると、タンポポの花は欲張りです。

| 山ぼうし | 2016/06/11 00:22 | URL |

山小屋さん こんばんは

ニガナの種類もいくつかあるようですね。
これを機においおいと見ていきたいと思います。

| 山ぼうし | 2016/06/11 00:22 | URL |

ディックさん こんばんは

2つに開いた柱頭の先がクルッと巻いていておちゃめでした。
初めて取り上げるので、調べていると気になる記載があれこれ見つかり、文量以上に時間がかかりました。なので、コメントありがとうございます。

| 山ぼうし | 2016/06/11 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/820-e225910b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT