きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

正法寺の大イチョウ〔巨樹〕

埼玉県東松山市の物見山周辺を散歩した時に、通称「岩殿観音」、山号「巌殿山」、坂東三十三観音の十番札所、寺号「正法寺(しょうぼうじ)」に行きました。ここには大きなイチョウがあります。7年ぶり2回目の対面です。〈散歩日:6月4日〉

イチョウ(公孫樹)はイチョウ科イチョウ属の裸子植物、中国原産の落葉高木です。

正法寺の大イチョウ(市指定天然記念物:埼玉県東松山市)
 ・幹周 約11メートル (11.1m/株立ちで主幹の幹周2.85m)
 ・樹高 約25メートル (20m)
 ・樹齢 700年を超えると推定
 江戸時代の天保年間に書かれた正法寺縁起の絵図にも描かれている

 ※出典:市の公式Webより。( )内は環境省の巨樹データによる

1.イチョウは高さも大きくなり、枝も拡がります。さらに、株立ちのせいか枝葉が密に見えます。画の右側には岩殿観音があります。岩殿観音は別ブログ参照
きれぎれの風彩 「イチョウ」4-1


2~5.大イチョウを4方向から記録。岩殿観音は岩山を切り崩したような場所にあり、そのせいか大イチョウは根上がりで株立ちになっています。画は正面側(谷側)から左回りです。後左側(4)は根が岩に載っている様子が見られます
6.株立ちは太い木から細い木まで様々でたくさんあります
「2」「3」「4」「5」「6」
「正法寺の大イチョウ」


7.後側の崖際から撮りました。全体が入りません。株元右下の青色は、イチョウをスケッチしている方のTシャツです
きれぎれの風彩 「イチョウ」4-7


初めて見た時には、目の前に飛び込んでくる“根”に驚きました。太さ大小の根が多数絡みあっているのです。そして、全体の太さにも。スゴイな~と感じる巨樹です。

ところで、環境省の巨樹の測り方には決まりがあり、斜面の場合、株立ちの場合、根上がりの場合とそれぞれ測り方があります。大イチョウは全てに該当しますので、平地の一本立ちと比べると、公表されている幹周のサイズ感が異なるかもしれません。
スポンサーサイト

| 常緑高木 | 23:17 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大イチョウ・根

見事・驚きです・
植物にも神が宿ると信じら信仰する
地方が今も残ってる報道見ました。
正に神が宿る樹に見えますね・
拝みたくなる気持ち分かります。

| ころん | 2016/06/19 16:15 | URL |

こんにちは

見事なイチョウですね。ジブリの映画にも出てきそうな姿ですね。

| 多摩NTの住人 | 2016/06/19 16:50 | URL | ≫ EDIT

この根と、株立ちの様子がすごいですね。
あちらこちらでイチョウの古木は見るけれど、株立ちというのは見たことがないし、こんなふうに根が剥き出しになっているも見たことがありません。

| ディック | 2016/06/19 20:24 | URL | ≫ EDIT

力強さを感じさせてくれました。
根っこが凄いですね。
きっと秋の紅葉もきれいだと思います。

| 山小屋 | 2016/06/20 06:35 | URL | ≫ EDIT

追記です。

先日のムラサキの花はやはりラショウモンカズラでした。
ミソガワソウという方がいましたが、ミソガワソウは
高山に咲く花で平地では見たことがありません。
北アルプスの涸沢ヒュッテの近くに群生地があります。
また、花の咲く時期も前者は春、後者は夏の暑い時です。

| 山小屋 | 2016/06/20 06:49 | URL | ≫ EDIT

大木・古木

おはようございます。

立派な銀杏です。とにかく根の様子がすごいです。
こうした大木・古木を見るのは楽しいですよねぇ。

さて、出張が開けたら月曜日。
これがつらいですねぇ(笑)。


| 地理佐渡.. | 2016/06/20 07:05 | URL | ≫ EDIT

ころんさん こんばんは

物でも長い年月を経ると付喪神が宿ると云われていますから、
かのような生きている樹には宿られていると思います。
ただ、人間には分からないのでしょうけどね。そう思っています。

| 山ぼうし | 2016/06/21 00:05 | URL |

多摩NTさん こんばんは

株立ちですが、枝の先までたくさんの葉が繁り、全体で一つの木に見えますよね。
そして、近くではこの根が!

| 山ぼうし | 2016/06/21 00:06 | URL |

ディックさん こんばんは

イチョウってヒコバエが出やすいようなイメージがあります。
外側の比較的細い木は、大きな幹からするとヒコバエなのかなと思ったり。
根上がりってこういう状態を言うのだな~と見て納得しました。

| 山ぼうし | 2016/06/21 00:06 | URL |

山小屋さん こんばんは

この根で大樹を支えているのだな~と思うと、根が絡み合っているのも強度を保つことになっている感じがします。黄葉が楽しみです。

不明種に情報をいただき、さらにお手数をお掛けし本当にありがとうございます。少ない画数で申し訳ないです。
私もあれから調べてみましたが、不明種に比べると、ミソガワソウは花の並ぶ向きが様々で、葉の先が尖る。ラショウモンカズラは、花が長いようですし、蕚の部分も長く形状が異なるように見えます。そこで、これらに似た花でとアレコレ検索していたら、同じような花を見つけました。もう少し調べて明確になったら取り上げようと思います。

| 山ぼうし | 2016/06/21 00:07 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

そういえば、佐渡で二対のイチョウがありましたね~。
巨樹・古木、エライものです。なるべくたくさん見たいと思います。
お疲れの一週間になりそうですね。

| 山ぼうし | 2016/06/21 00:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/825-dec66c77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT