きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イイギリ ~大きな葉と若い果実

物見山周辺散歩の帰路、川島町で「日本一長いバラのトンネル」の看板に誘われて「平成の森公園」に立ち寄った際に、緑の果実を多数つけた樹を見つけました。幸いなことに名札もついていてイイギリと判りました。花でも熟した果実でもないのですが、初めて認識したイイギリですので記録しておきます。〈散歩日:6月4日〉

イイギリ(飯桐)は、ヤナギ科(従来の分類ではイイギリ科)イイギリ属(1種のみ)の落葉高木です。本州以南(特に近畿以南)や東アジアに分布します。雌雄異株。名前は、キリに似た葉で、飯を葉で包んでいたことに由来します。

〔Webで確認した特徴〕
・樹高は15メートルほどになる
・幹から間隔をおいて、水平方向に数本の側枝が伸びる
 (このような階層構造になる樹形をパコダツリー(東洋の仏塔)と呼ぶ)
・葉は枝先に束性し、幅広い心形で長さ・幅とも15センチ前後
・花期は4~5月、長さ20~30センチの円錐花序を下垂する
果実は径1センチほど(中に2ミリほどの種子が多数入る)。秋に赤く熟す

1.この樹は、根元近くから幹が2本に分かれていました。そのためか、パコダツリーと言われる顕著な特徴が分かりにくいです(画での見た目です)。
きれぎれの風彩 「イイギリ」1-1


2.果実のついた房がけっこうありましたが、手の届かない高い所にあり、さらに大きな葉で見え隠れしているので全体の姿は分かりにくいです
きれぎれの風彩 「イイギリ」1-2


3.緑色の若い果実が一つの房に多数つきます。葉は縁に粗い鋸歯があり、表は少し光沢があります。葉柄は長く赤みをおびいています
きれぎれの風彩 「イイギリ」1-3


4.「樹皮は灰白色で滑らか、褐色の皮目がある」との記載がありましたが、この樹はまだ若いのか皮目は小さく色も濃くないです
きれぎれの風彩 「イイギリ」1-4


果実は落葉後も長く残るそうなので、初冬の頃(?)にパコダツリーの樹形と合わせ確認したいと思いますが、そのまえに、まずはいつも行く公園でイイギリ探しです。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イイギリ

おはようございます。

木本類はさっぱりです。
ただ、イイギリという木の名前だけは
聞いたことがあります。といいますか、
常連さんのブログサイトで見知ったと
いう方が正しいですけど。

都会に住んでいますと、こうした公園
等の植樹されている木々なんかを楽し
みにできますよね。どれくらいの種類が
あるのか、きっと今まで相当数撮影して
いるんじゃ無いでしょうか。

| 地理佐渡.. | 2016/06/25 08:24 | URL | ≫ EDIT

信濃町の慶應病院にあるので何度か載せていますが、この実が12月には真っ赤になって垂れ下がるのです。
それがうじゃうじゃと垂れ下がる。すごいですよ! 実が赤くなっているときは、「これがイイギリだ」と自信を持って言えるようになります。

| ディック | 2016/06/25 21:54 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

やはり公園に行くことになりますが、公園によって植栽する樹も違いますね。北本の場合は園路から外れて林の中に入れなかったりします。
種類はまだそれほどではないと思います。イイギリを初めて取り上げるくらいですから。知らない種がまだ多いです。

| 山ぼうし | 2016/06/26 23:36 | URL |

ディックさん こんばんは

え~うじゃうじゃですか。それは楽しみですね~赤い果実。
個人的には樹形にも期待しています。

| 山ぼうし | 2016/06/26 23:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/829-2719ad06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT