きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤマタツナミソウ ~横向き対の唇形花

城山公園(桶川市)で、昨年、今年と見ましたが同定できず、6月19日に不明種で取り上げた種です。コメントも頂きありがとうございました。
その後、頂いたコメントを参考に似た花を調べていましたが、やっと判りました。ヤマタツナミソウです。〈散歩日:5月29日、昨年5月23日・31日〉

ヤマタツナミソウ(山立浪草)は、シソ科タツナミソウ属の多年草です。
北海道から九州に分布し、山地の林床に生育します。

〔Webで確認した特徴〕
・地下茎を伸ばし、茎は草丈10~25センチ。4稜あり、毛が多い
・葉は対生、卵状楕円形(三角形)で両面とも毛がある。粗い鋸歯あり。葉柄長い
・茎の先に長さ6センチほどの花序を出し、長さ約2センチの薄い紫色の唇形花を、一方向に寄って2個づつ付ける

画は同所での今年と昨年の様子です。
1.様々な野草が繁っている中にありました(足の踏み場に困りました)
  葉の基部は浅い心形、先はそれほど尖りません
きれぎれの風彩 「ヤマタツナミソウ」1-1


2~3.花が上を向かないで、やや斜めを向きます。タツナミソウの仲間にこのような花(※)をつける種があることを知りませんでした。花序に苞葉がつきます
4~5.花は下から咲いていきます。花が終わると、上下に分かれた蕚が閉じ、二枚貝のような形になります。
「2」「3」「4」「5」
「ヤマタツナミソウ ~横向き対の唇形花」

他のタツナミソウ属の花は、茎から出た花が根元で急に直角に曲がり上向きに付くが、ヤマタツナミソウは花がほぼ横向き(やや斜め)につく。また、同様の花をつけるエゾタツナミソウは一方向ではなく、ほとんど無毛。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ヤマタツナミソウが判明して良かったですね。この仲間はいろいろ種類があってややこしいですよね。苦労して名前がわかると嬉しいものです。

| 多摩NTの住人 | 2016/06/27 07:46 | URL | ≫ EDIT

タツナミソウ

よく名前、わかりましたね。
私がブロブに載せたものも、タツナミソウでしょうか?

| kawa | 2016/06/27 12:26 | URL | ≫ EDIT

背丈は高いけれど、花の咲いている様子はオカタツナミソウとかなり違いますね。
遠目に見た花の様子は、サルビアの仲間たちのような感じ。
花が終わった後に萼が閉じた様子は、とてもユニークで、これを見たらヤマタツナミソウということで、いいのかな。

| ディック | 2016/06/27 19:23 | URL | ≫ EDIT

こちらはデワノタツナミソウです。

おはようございます。

佐渡越後でしたらデワノとつくタツナミソウが
身近で見る種です。それも場所が限定されてい
まして、身近と言いつつやっと自生地を見つけた
様なものです。
きれいな花です。見飽きないですよね。


| 地理佐渡.. | 2016/06/28 06:29 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

同定できました~(間違いなければ)。
タツナミソウの仲間は、コバノタツナミしか見たことがなかったので、この類ではないと思っていたのですが、グルッとまわって戻ってきた感じです。

| 山ぼうし | 2016/06/28 22:37 | URL |

kawaさん こんばんは

コメントありがとうございました。
貴ブログの方にコメントさせていただきます。

| 山ぼうし | 2016/06/28 22:38 | URL |

ディックさん こんばんは

オカタツナミソウは、まだ見たことが無いのですが、タツナミソウの一般的な花姿であれば違いますよね~。
花後の蕚!ご注目ありがとうございます。ユニークですよね~。

| 山ぼうし | 2016/06/28 22:39 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

デワノさんがいらっしゃるのですね。
なかなか見れないとなると・・・・・見てみたいものです。

| 山ぼうし | 2016/06/28 22:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/830-fbecf269

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT