きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベニバナ、オリエンタルユリなど

桶川~上尾の散歩から。〈散歩日:6月11日、6月18日、6月26日〉

1~3.ベニバナ:桶川市の「べに花畑」です。まだ咲き始めの段階でした。玉ねぎのような蕾がカワイイです。全国的にも当地のベニバナは有名で、地元の「おけがわ べに花まつり」は翌週に行われたようです〈6月11日〉参照:昨年の盛期(?)
4~5.丸山公園(上尾市)です。ニシキギのような翼が茎についていて、この時期でも紅葉の樹と、園路には変わった花を付けた野草がありました〈6月18日〉
「1」「2」「3」「4」「5」
「ベニバナ、オリエンタルユリなど(1)」


6~7.ラクウショウ:城山公園(桶川市)の池近くの大木の下では、多数の赤ちゃんが生えていました。このまま大きく・・・なることは難しい〈6月26日〉
8~10.オリエンタルユリ:城山公園の花畑では、※オリエンタルユリが数種類、大きな花を咲かせていました。画はイエローウイン、ニンフなど〈6月26日〉
「6」「7」「8」「9」「10」
「ベニバナ、オリエンタルユリなど(2)」


※オリエンタルユリについて
園芸に疎いのでオリエンタルユリのことも知りませんでした。現地の説明板によると、『ヨーロッパのプランツハンター達は、日本のヤマユリ、テッポウユリやスカシユリなどを持ち帰り交配を繰り返して更に大きなユリを作り出しました。これらのユリを「オリエンタルユリ」と言う。』そうです。

ヨーロッパにもユリはありますが、日本や中国にあるような大きなユリは無かったことによります。欧州の方々は日本のユリを見て、さぞかし驚いたことでしょう。

(便宜上、昨日付けでアップしました。新しく購入したパソコンに手間取り、時間を取られて更新が遅れています・・・。)
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。
今朝は、さわやかな風が吹いています。
ベニバナは、何十年か前の夏、東北地方をドライブ旅行したときに、山形で見ました。明るくて大好きな花です。
桶川市に、ベニバナ畑があるのですね。行ってみです。

オリエンタルユリについては、私も知りませんでした。
日本のゆりを交配して、ヨーロッパのプランツハンター達が作ったゆりなのですか。きれいですね。

新しいパソコンは、慣れるまで大変ですね。

| ringo | 2016/07/05 07:11 | URL | ≫ EDIT

ベニバナって染料の原料ですよね。
あとサラダ・オイルですか。
一度見て見たいです。
「オリエンタルユリ」という言い方は知りませんでした。
かみさんがタキイ種苗のカタログとか毎月贈ってもらっているので、私も少しずつ園芸種の世界にも足を踏み入れております。

| ディック | 2016/07/07 19:01 | URL | ≫ EDIT

ringoさん こんばんは

ベニバナは江戸の頃に山形県最上地方や埼玉県桶川市、上尾市周辺で盛んに栽培されたようです。山形と埼玉で遠いのに同じものを栽培していたというのは不思議ですね。
ユリはとても大きかったです。

| 山ぼうし | 2016/07/07 23:32 | URL |

ディックさん こんばんは

昔は染料で盛んだったようですが、桶川で残っているのも主に観光用のようです。
畑なので見た目は≒群生!?タイミングも大事ですね。
こういう大きなユリは、植える場所も限られそうですね。あっ、花だけうるのかな。園芸は分からないです。

| 山ぼうし | 2016/07/07 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/833-91b18bb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT