きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カラタチバナ ~白い下向き花の花序

北本自然観察公園の生き物マップに「カラタチバナ花」との記載がありました。冬の赤い実は同公園で見ていますが、花はまだ見たことがありません。〈散歩日:7月3日〉

カラタチバナ(唐橘)は、サクラソウ科(ヤブコウジ科)ヤブコウジ属の常緑小低木で、茨城県・新潟県以西から九州の常緑樹林内のあまり日の当たらない林床に自生します。赤い果実の様子や別名「百両」については以前取り上げました

〔Webで確認した花の特徴〕
・葉腋から長さ4~7センチの花序の柄が斜上し、先に柄のある花を多数つける
花は白色で下向きに咲く。花冠は5裂し、先が反り返る。花の径は7~8ミリ
・雄しべは5個、雌しべは1個

1.初めて見る花です。花数は多いのですが、葉に見え隠れし、下向きに咲いていますので、目立たずひっそりという感じです。葉の裏の縁に小さな突起があります
きれぎれの風彩 「カラタチバナ」2-1


2~3.両方とも1の花を中心にした同じ株です
4~5.他の株です。花色は真っ白ではなく、少し淡い黄を帯びた感じです。
「2」「3」「4」「5」
「カラタチバナ ~白い下向き花の花序」


縁起木の中では、十両:ヤブコウジの花は家で、一両:アリドウシの花は今年の5月に花と緑の振興センターで見ましたので、他の千両や万両の花も見たいものです。


ところで、同公園でのカラタチバナが生えている場所はなんとなく覚えていたのですが、散歩しながら探しているとなかなか見つかりません。一端あきらめて、近くの「かわせみ池」でカワセミを見ていました。しばらくして、女性の職員の方が来たので場所を聞くと、カラタチバナまで案内していただきました。
やはり、赤い果実をつけ周りに緑が少なくなる冬の方が見つけ易いです。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カラタチバナは百両・・・
ちなみに一両はツルアリドウシです。
アリドウシには鋭いトゲがありますが、ツルアリドウシ
にはトゲがありません。

| 山小屋 | 2016/07/18 07:01 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

センリョウやマンリョウは良く見掛けますが、百両や十両は少ない気がします。花が綺麗に撮れましたね。

| 多摩NTの住人 | 2016/07/18 15:36 | URL | ≫ EDIT

カラタチバナ、ヤブコウジ、センリョウの写真がみなさんのところで出てくるので、私はマンリョウの花を撮りましたが、なあんだ、どれもみんな6、7月なんですね。
共通点は、冬はみんな赤い実に目をとめているのに、この時季の花のにはほとんど目をとめないし、そもそも地味で見つけにくいということ。

| ディック | 2016/07/19 22:21 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

今年はアリドウシの花も見れました。
「一両」と呼ぶのは、ツルアリドウシという種でしたか。

| 山ぼうし | 2016/07/20 22:54 | URL |

多摩NTさん こんばんは

私がよく行くところでは、センリョウ、マンリョウをみません。
特にセンリョウが・・・。

| 山ぼうし | 2016/07/20 22:54 | URL |

ディックさん こんばんは

皆、同じ時期なのですね~。
ちなみに我が家のヤブコウジは、花が終わって緑色の果実になっています。

| 山ぼうし | 2016/07/20 22:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/840-e75cf428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT