きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マツバギク ~拡がるキク似の花

樹未散歩に出かけた帰路、途中にお寺がありましたので「何かあるかも」と立ち寄ってみると、駐車場の中に石垣で組んだ円い植込みがあり、中心にはボダイジュ、その周りには紫色で菊のような花が一面に咲いていました。〈散歩日:7月3日〉

マツバギク(松葉菊)は、ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)の多年草です。南アフリカ原産の多肉植物で、明治時代の初期に渡来しました。日当たりを好み、繁殖力が強く、地下茎により増殖しカーペット状に群生します。

〔Webで確認した特徴〕
・日本では、耐寒性マツバギクとして流通するデロスペルマ属と、耐寒性の低いランプランツス属の2種類があり、まとめてマツバギクと呼んでいる。日本で栽培されているデロスペルマ属は、ほとんどが“レイコウ”という品種
・葉は多肉質で、乾燥や暑さに強く、花は赤紫色で昼間開き、夜には閉じる性質有り
・葉と花の形から松葉菊と呼ばれる

1.一見キクに似ている花が、植え込みを覆うように拡がっていました。画の手前は石垣から下がっている部分を含みます (クリックで大)
きれぎれの風彩 「マツバギク」1-1


2~3.花径は5~7センチで細長い花弁が多数並びます。花弁は紫色でやや光沢があります(品種によって赤、ピンク、白、黄、オレンジなど様々あるようです)。なお、花弁ではなく雄しべが変化した「仮雄蕊(かゆうずい)」との記載もあります
4~5.茎の先端の5個の萼が開いて花が出て、花後は一端萼が閉じ、しばらくしたら果実が出るために萼が再び開くようです
「2」「3」「4」「5」
「マツバギク ~拡がるキク似の花」


スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

そうだ。マツバギクでした。昨日、ジョギングしながら道端にあるこの花の名前を思い出せずにいたところです。花が長く楽しめますね。

| 多摩NTの住人 | 2016/07/25 08:11 | URL | ≫ EDIT

住居地の周辺では、マンションの植え込み、一戸建ての花壇の端っこなどによく植えられています。
ほぼ毎日見ているので、ブログを始めた頃に撮影したほか、あまり見向きもしていませんでした。
>花弁ではなく雄しべが変化した「仮雄蕊(かゆうずい)」
へぇー、そんな説もあるというのなら、ちょっと勉強し直さないといけません。

| ディック | 2016/07/25 22:25 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
松葉菊は、他所様のお庭でよく見ます。
カーペット状になって、とても綺麗ですね。
耐寒性松葉菊を植えると、雑草が生えなくなるのかしら?
私も、植えてみたくなりました。

| ringo | 2016/07/25 22:47 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんにちは

え~多摩さんでもそんなことがあるのですね~。
機会があれば、また立ち寄って見たいと思います。

| 山ぼうし | 2016/07/28 13:00 | URL |

ディックさん こんにちは

ほ~そちらではそんなに多用されているのですね~。
私が気づいていないだけかな~。
情報が少なくて、花弁のことがハッキリしません。教えてほしいものです。

| 山ぼうし | 2016/07/28 13:00 | URL |

ringoさん こんにちは

鮮やかな花なので、広い面積で咲いていると圧倒されそうですね。
我が家も日当たりのよい植え場所があればな~。

| 山ぼうし | 2016/07/28 13:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/843-791faaeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT