きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コムラサキ ~咲き上がる淡紫色の花

上平公園(上尾市)でコムラサキの花を見ました。これまで果実は取り上げていましたが、花は初めてです。〈散歩日:7月17日、7月31日〉

コムラサキ(小紫)は、シソ科(←クマツヅラ科)ムラサキシキブ属の落葉低木です。紫色の果実の数が多く美しいのでよく栽培され、公園や庭木に用いられています。花は果実ほど目立ちません。花期は7~8月。果実の様子はこちら。

〔Webで確認した花の特徴〕
・葉腋のやや上から集散花序をだし、淡い紫色の花を多数つける
・花は筒状で、上部は4裂し平開する
・雄しべ4本、雌しべ1本で、花冠から飛び出る

1.咲いている花序が少なかったので、再訪しましたが・・・一緒でした。花は根元に近い方から先端に向かって順次開花しながら、それを追うように実をつけていきます
きれぎれの風彩 「コムラサキ」2-1


2.花序の左側(枝の先端側)は蕾で、右側は葉が終わり果実になっています
きれぎれの風彩 「コムラサキ」2-2


3~4.花冠は4裂して先は円く開きます。蕊が突き出て、黄色の葯も目立ちます
きれぎれの風彩 「コムラサキ」2-3

きれぎれの風彩 「コムラサキ」2-4


5.葉は対生し、葉身は倒卵状楕円形。葉の縁に鋸歯はありますが、先の方の3分の2くらいで基部に近い方にはありません
きれぎれの風彩 「コムラサキ」2-5


ちなみに、ムラサキシキブは葉腋から花序を出し、葉の縁全てに鋸歯があります。ただ、それよりも一見して全体の樹形というか葉や花のつく様子が異なります・・・と今では分かるようになりました。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コムラサキ

ムラサキシキブとよく似てます花・
花もですが・
果実の頃も綺麗ですね。
育てていました。懐かしいお花です。

| ころん | 2016/08/03 21:13 | URL |

根岸森林公園にややこしいのがありまして、背が低くて株立ちで垂れるから、ふつうならコムラサキと判断すべきところ、花序が出ている個所とか鋸歯とか、花付きのまばらなこととかから判断するとムラサキシキブかとも思われ、結局いまだに不明。
弱って枯れかけているので、そのうち目に入らなくなるでしょう。

| ディック | 2016/08/03 21:29 | URL | ≫ EDIT

ころんさん こんにちは

あ~以前、育てていたのですね~。
この緑色の果実が紫色になりますが、枝にたわわに並ぶ姿は特徴的ですね。

| 山ぼうし | 2016/08/05 12:38 | URL |

ディックさん こんにちは

ほ~そうですか、分かりにくいのもあるのですね。
でも弱っているのはかわいそうですね。
施設では手を加えたりしないのかな。

| 山ぼうし | 2016/08/05 12:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/848-c0c1de69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT