きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウツボグサ ~花穂の夏枯れ

ウツボグサの花は、今年の6月に北本自然観察公園で見ました。そして先月、埼玉県嵐山町の大平山に行った際に、別名「夏枯草(かごそう)」の由来になっている花穂の枯れた様子を見ることができましたので記録しておきます。〈散歩日:7月24日〉

ウツボグサ(靫草)は、シソ科ウツボグサ属の多年草で、日本各地の日当たりのよい山野の草地や道ばたに生えます。花が終えた後しばらくすると(真夏なのに)花穂の部分(萼など)のみが褐色に変わります

遊歩道沿いの数か所でウツボグサを見ることができ、想像していた以上に(この辺りの)野には生えているものだと感じました。
1.広めの草地です。草丈は低いのですが花がまだ咲いており、花穂だけが枯れた茎があり、ついでにベニシジミもいました
きれぎれの風彩 「ウツボグサ」2-1


2.以降は、休憩所(兼渓谷の展望台)の近くです。夏枯れの群落がありました
3.まだ緑色の花穂です
4.こちらはいち早く茎葉も枯れてきています
5.4のように全体が枯れかけた花穂のアップです
6.花穂のみが枯れている状態のアップです。活きの良い(?)枯れです
「2」「3」「4」「5」「6」
「ウツボグサ ~花穂の夏枯れ」


種の採取は、花穂が茶枯れてきたら種が熟したサインなので、花穂ごと切り取り封筒などに入れて数日乾燥させた後、振ると細かい種を採取できるそうです。

花穂が枯れたように褐色に変化するのは、「これは結実するための過程」との記載がありましたが、どういう意味なのか私には分かりません。ただ、萎れるのではなく枯れることによって形状を保てると思うので、種を守っているのかな?とは思います。

花穂が褐色になり始めたころ、花穂のみを採取して日干しにして、よく乾燥させたものを生薬で夏枯草(かごそう)といい、消炎性の利尿剤として腎臓炎、膀胱炎、るいれきなどに効果があるとされます。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おおっ、ありましたね。

おはようございます。

先日、当方が紹介した時にコメントを
いただいておりましたが、これですね。
やはり野の草花は野で見る。これが一
番ですよね。


| 地理佐渡.. | 2016/08/04 06:53 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ウツボグサのこの状態は良く目立ちますね。当方でもすっかり茶色くなっています。

| 多摩NTの住人 | 2016/08/04 08:07 | URL | ≫ EDIT

私のところのウツボグサとは、生えている環境が違いますね。
>花穂が茶枯れてきたら種が熟したサイン
というなら、茶色い筒になったらやはりもう「果穂」と言っていいのかなあ。
「花穂」を生薬にするというのは、種になる前なのかなあ、とか、またまた疑問は一杯出てきてしまいました。
手元の本には、情報が少なくてあまり役に立ちません。薬草図鑑もあるにはあるのですが…。

| ディック | 2016/08/04 21:06 | URL | ≫ EDIT

ウツボグサの花後を夏枯草とはよくいったものです。
その名の通りの姿です。

| 山小屋 | 2016/08/06 07:00 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

「野の草花は野で」イイですよね~。
遠くなるのでなかなか難しいですが、こういう機会を増やしたいものです。

| 山ぼうし | 2016/08/08 23:27 | URL |

多摩NTさん こんばんは

「野の草花は野で」イイですよね~。
遠くなるのでなかなか難しいですが、こういう機会を増やしたいものです。

| 山ぼうし | 2016/08/08 23:28 | URL |

ディックさん こんばんは

『夏枯草の薬用部位は現在薬局方には「花穂」と規定されています』とか『花穂が半分枯れたころに採取する』いう記載がありましたけど、採取時期についてはあまり情報が無いように思えました。

| 山ぼうし | 2016/08/08 23:28 | URL |

山小屋さん こんばんは

夏枯草の漢字はピッタリですね。
でも、カゴソウと言われたらピンとこなさそうです。

| 山ぼうし | 2016/08/08 23:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/849-f21517ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT